久しぶりの中里恒子。


「わが庵」(短編集)も「南への道」もいずれもモチーフは作家本人の身辺の出来事。
このひとは、兄たちが揃いも揃って外国人を妻にし、果ては自分の娘までがアメリカ留学で現地の人と結婚して
そのまま永住してしまうという、いわば「それぞれの価値観」というつむじ風にずっと巻き込まれていたようだ。
確かにそうそうない経験だと思うが、それらが個人の雑感で終わらずに
作家としてのフィルターを通すことで「作品」になっているということだ。
それは作家自身も幾度となく書いていることであり、かなり自負心があるポイントなのだと思う。

今読んでちっとも古臭さを感じないのは、この作家の芯の強さが時代に関係なく
普遍的なものだからだろう。
“結局人はひとりで立っていくもの" というところで私は共感するのだ。
戦前の古い体質の中で「女は」とカチカチと固められて育つであろう時に
良くも悪くも自由な突風に晒されて揺さぶられて、でもきっとそのお蔭で
自分の「芯」の部分がはっきり自覚できたんだろうと思う。


「歌枕」や「時雨の記」のように、この人の作品は一見すると男性に対して痒いところに手が届く、もしくは
男が無理難題言っても堪え忍ぶような出来た女が多いのだが
でも実は男に凭りかかっていないのである。
むしろ男の方がもっと凭りかかって欲しくて、自分なしではいられない女であってくれと望んでいるように見える。
つまり五分と五分。
男女の間に置かれる骨董やら料理やらといったものがふたりの五分五分の繋がりを象徴している。
そういえば、私の大好きな中上健次の「軽蔑」でも、主人公のダンサーが自分の男に対して常に
「五分と五分」と呪文のように言っていたっけ。

もしかしたらその辺が私のツボなのかもしれない。


しかしそろそろ図書館の蔵書分は借り尽くしそう・・・さてどうしたもんかな〜。



# by quilitan | 2017-07-01 23:29 | 読む | Trackback | Comments(0)

へんないきもの

ものすごい遠近かかってます。

a0105480_23053734.jpg


爪研ぎをベッドにして気持ち良さそうに寝ているキッカちゃんを
近くから撮りまくっていたら
「うるさいなあもう」てな感じでストラップに食いつかれました。


だって可愛かったからさ〜・・・

a0105480_23040815.jpg


a0105480_23045020.jpg



# by quilitan | 2017-06-29 23:09 | | Trackback | Comments(0)

素朴に贅沢に

京王プラザホテルでやっている『ピーターラビットのスイーツブッフェ』

a0105480_21424585.jpg

甘い物は大好きだけど、お菓子でお腹いっぱいにするのはねえ・・・なんて思って
今まで行ったことなかったわたくしですが
こういうテーマがあるとちょっとそそられるじゃありませんか。

予想通り、まずは見た目で誘惑されまくり。
スタートは3時からだったけれど、それより前に席に着かせてもらえて
「お写真もどうぞ」ということで下見がてら写真撮りまくるという段取りの良さでまず好印象ですね。

a0105480_21433197.jpg

a0105480_21430763.jpg

a0105480_21435351.jpg

やだもう〜〜どれから食べれば良いの〜〜!!??


a0105480_21463422.jpg

にゃ==んもう!


a0105480_21461628.jpg


a0105480_21455397.jpg

このアップルパイは外せないぞ。これは食べるぞ!(そして最初と最後に食べた)


a0105480_21465250.jpg


スイーツだけじゃなくてバケットやデニッシュ、パスタのような軽食も結構揃っていて
そっちも美味しかった。
甘い物と辛いものの無限ループです。

a0105480_21471533.jpg


a0105480_21480587.jpg


a0105480_21474091.jpg

食べた食べた、この写真の倍は食べましたね〜。
見た目だけじゃなくてどれも美味しかった!
飽きない味だったのと、大きさもちょうど良いからついつい「もう一皿」で2時間半、
お喋りしながらたっぷり食べてもうお腹いっぱい。
何だか申し訳ない気持ちになるくらい贅沢気分。


大きなガラス窓の向こうは欅の緑に溢れていて爽やかだし
お給仕さんたちも気持ち良くパタパタ動いてるし
そういうのも大事な要素だよね、と思うのでありました。




# by quilitan | 2017-06-26 22:30 | 食す | Trackback | Comments(0)

@スカラ座

しばらくぶりに映画、そしてスカラ座。
なかなかうまく時間が合わなくて行けなかった。
この映画もそれほど「見たい!」と切望していたわけではないのだが
せっかく月曜日に行けるチャンスだし・・・

身につまされる映画でした。

大工のダニエル・ブレイク、老境にさしかかり、心臓の持病で医者から仕事を止められ“無職”。
「病気理由」なのでそれに当てはまる「支援手当」を申請するも
紋切り型のお役所対応で「あなたはこの手当を受けるほどの状態ではありません」と判定され
それなら、と持病で本当は働けないのに求職活動をする人のための「手当」を求めるが
それも「オンラインで」「サイト登録して」「決められた講習への参加と活動実態の証明」・・・
上から目線のお役所あるあるな感じが満載。
そこでやはり“あるある”な対応でけんもほろろな扱いを受けていたシングルマザーと知り合い
底辺でも生きなくてはならない人々の暮らしぶりが淡々と描かれる。

役所のやり方に腹が立って小さく爆発してみても
手続きをしなければ貰えるモノも貰えないので結局は言われた通りのことをする。
そんな諦めに似た空気が全体を覆っている。
気候と同じ、湿った感じなのである。
アメリカ人だとがむしゃらに突進して権利を声高に主張しそうだけど
イギリス人は力ずくでの正面突破が性に合わないんだろうな。
それにしてもイギリスという国は、前に見た「天使の分け前」でも感じたのだが
本当に下克上が難しい国だ。
でももっとずっと弱い人が手続きと書類と「待ち」の時間のあまりの長さに埋もれて
知らない間に消えて行くのはどこの国も同じなんだな。

そんな「普通」という強者スタンダードの中で生きるのに必要なことは
「自己の尊厳」なんですね。
たとえどんな仕事をしても、傍から見たら惨めでも、
「このためにこれをしているのだ」と自分自身を認めることができれば
それが生きていく理由になる。
そして、その尊厳の象徴となるものこそ「名前」なのである。
組み体操じゃないが、底辺の者たちが名前も何もひとくくりにされて潰れていったら
いずれ上も崩れるということ、ピラミッドの上の人達はわかっているかな。
我が国もそろそろ下の方が危なくなっている気がしますけど。
私が稀代の名作と思っているゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」しかり、「ゲド戦記」しかり
“ひとりずつ(ひとつずつ)ひとつ" 名前によって自己が確立する。
だから「わたしはダニエル・ブレイクだ!」なのだ。



余談だが、この映画の英語が全然、ホントーに全然聞き取れなかった私。
ロンドンから来たという設定のシングルマザーに「ここの言葉わかる?」と聞くセリフがあって
ちょっと調べたら、この舞台となっているニューカッスルはものすごく訛りがキツイので
けっこう有名らしい。
私のアタマがちょっとお馬鹿になったわけではない・・・よね?




# by quilitan | 2017-06-20 00:32 | 見る | Trackback | Comments(0)

得体の知れない物体

何がどうなっているんだろうか・・・?


a0105480_20015874.jpg

梅雨時というのに初夏の爽やかさが気持ち良すぎて
キッカちゃん爆睡。


# by quilitan | 2017-06-19 20:03 | | Trackback | Comments(0)

言わずとしれた超々名作。

今ちょっと中里恒子を休んでいて、久しぶりに読み返してみるかと手に取ったら
これがもう止まらなくなって一気に最後まで読んでしまった。
ほんとうに楽しい。

手塚治虫も描いたように、21世紀がSFの舞台になり得た時代には
2000年を超える頃には「明るい未来」が来ると感じられていたんだろうな。
技術も進歩も「善い方」にシフトしていくという希望があったのだ。

今読むとお伽噺。
でも、やはりそういう望みは捨ててはいけないんだとあらためて思う。




# by quilitan | 2017-06-16 23:30 | 読む | Trackback | Comments(0)

重箱の隅つつきます

とある研修にて。
配布された手引き冊子に書かれたことを担当者が読み上げて補足説明するといったもので
その内容に何ら特記すべきことはなく、よくあるオリエンテーション的なもの。
気になったのは、読み上げる人が途中でつっかえるそのポイントだった。
それは別に難読漢字でもないし、むしろ日頃使う用語でもあるはずなのに
そこ?そこで止まるのか!? と。

これはもしかして読める読めない以前に語彙として頭に入っていないのか?
たとえば「難読/漢字」を「難読漢/字」のような切り方をしてしまうのはそういうことか。

きっと長文を読んだりしない人なんだろうな〜、などと
余計なこと考えて研修終わり。


作業の手間も思考する機会も必要性も、ヒトの代わりに便利なモノがやってくれるお陰で
身の回りには「しなくて済む」ことがどんどん増えてきた昨今。
それ自体はありがたいことで、私もその恩恵に与るもののひとり。
コミュニケーションもマークひとつ、単語ひとつで済むご時世なんだから
楽な方へ流れていくのは当然だ。
でも面倒くさい「読み書き」は、たとえ何が便利になろうとなくてはならないものなのだ。
なぜなら言語は思考伝達の重要な手段だから。
「読める」から見も知らぬ他人の考え方も知ることが出来るし
「書ける」から自分の考えを形にして伝えられる。
勿論「語る」ということも重要だけど、正しく「語る」にはさらに洗練された言葉が求められる。
現に、そういう〈堅苦しい言葉で延々と説明している小冊子〉が仕事の道具として使われるのだ。
甘いものや柔らかいものばかり食べ続けて虫歯だらけになるように
思考を置いてきぼりにした頭は内側からじわじわと溶けていくイメージしかない。


社会人として「これは知らなくてもよし」とされるのはどのあたりまでなのだろう。
広い範囲で見ると意外とハードルは低いのかもしれない。
でもいいのかなあ、これで・・・と言葉フェチなわたくしはちょっと悶々。






# by quilitan | 2017-06-15 07:41 | 考える | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31