長い3日間

ベッドの上でやることもなくて、夕飯も食べられるし、持っていった本を読み尽くしてしまった
退屈な入院日。

翌日は朝から絶飲絶食で午後イチの手術直前まではやっぱり退屈なのだが
全身麻酔の準備が始まるとあれこれ面倒くさいことばかりで
病院にいるという空気に覆われていく感じが何とも気塞ぎである。
いわゆる「辛気くさい」ってやつですね。

手術が終わった後は朦朧として、口も回らないし
点滴やら何やらの管がついたままの状態でひたすら痛い!!(痛み止め入れてもらっても痛い!)
頭も身体もどんよりだから眠りたいのに痛みでうつらうつら。
ベッドの頭を思い切り上げてみたり下げてみたり、間延びした時間を過ごしながら
これホントに翌日退院できるのかと危ぶむ気持ちがそろり。
(手術の翌日退院で、と希望したけど身体はもうそういう年齢じゃないのかしら・・・)

ようやく窓の外も明るくなってきて、まだ何となく頭がスッキリしないながらも
(微熱があったのでそれも仕方あるまい)点滴がおわり、徐々に身軽になってやれやれ。
退院間際にリハビリも受けて、さくっと診察受けて、晴れて娑婆に出ました。

お腹ぺこぺこで帰宅して、まずは前日寒梅さんが買ってきてくれたメロンパンにかぶりつく。
病院で食べたいくらいだったが、あそこで食べたら多分美味しさは半減でしょう。
家までじっと我慢して、2コ一気食い。


a0105480_14153417.jpg


ああ幸せ〜〜。

痛み止めの薬もようやく効きだし、家でゴロゴロ、夜も9時前には布団に潜ってしまった。
たとえ煎餅布団ではあっても私の布団は大きめなので病院のベッドより気持ち良く寝られて朝まで熟睡。
お蔭で身体も気分もスッキリ。
RPGで宿屋に泊まってHPが回復するのは真理です。

今日も朝からリハビリ行って、後はゴロゴロ。

骨折に関しては、ビスのようなものが6本打ち込まれているのを術後のレントゲン写真で確認しました。
そういえば6㎝くらい切ったって言ってたような・・・(朦朧として聞いていた)
これからはギプスで固定することもなく(直に骨固定してるからね!)早く弓が引けるようになることを願いつつ
リハビリメインになりそうです。
手術するまでの10日間ほどこれ以上ずれないようにとぎちぎちに固定したままだったこともあって
とにかく肘やら肩やらあちこちの筋がガッチガチ。
寝ている時も背中が凝ってたし、腕吊っていたせいで首肩もバリバリだし
早く思いっきりほぐしてもらいに行きたいものだ。


とりあえず苦行の3日間をやり過ごしてホッとひと息。



ちなみに術前の左腕はこんなでしたよ。
ちょっと・・・弓なり

a0105480_14155787.jpg

by quilitan | 2017-09-29 15:12 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

一週間前の日曜日に骨折。
連休やら医師の外来休診日やら重なって、確定診断が出たのが金曜日。

結局手術してプレートで固定することになりました。
そんなに重篤な骨折でもないと思うが、全身麻酔でやるので一応3日間入院。
インプラントみたいな結構な〈工事〉でも口腔内の局所麻酔だったのに、なんて素人は思っちゃうんだけどね。
いずれにしても大ごとになっちゃったもんです。
そして半年位したら、今度はそれを抜くんだそうだよ。

しかしいつまで左手吊ったままなんだろうなあ。
考えたら一週間まるまる左手洗ってないぞ、と今さら気付いて愕然。
真夏じゃなくて良かったとつくづく思う。
そして吊りっぱなしだから首肩の凝りがハンパなくて、肝心の傷の部分よりそっちの方がつらいです。


ああ、でも当分弓に触れません。
最近気持ち良く引けることが増えていたのに、好事魔多しってこういうことかしら。
がっくり・・・・・

by quilitan | 2017-09-24 22:20 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

今しかできない


a0105480_19590186.jpg


サイコペン・・・・・

おそまつ☆

by quilitan | 2017-09-19 20:02 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

生まれて初めて

別に根拠はないんだけどね、何となく自分は大丈夫だと思ってたんだよね・・・


職場の地下倉庫に足場みたいな無骨な階段があって、見るからに危なげなので
気をつけていたつもりなのに、足を滑らせました。
つるっ、(お尻で)ドンドンドン!
止めようと思ったのか、何か掴もうとした左手も一緒にドンドンドン!

左手激痛・・なのに落ち止まった時、咄嗟に気にしたのは〈腕時計は無事か!?〉っていうのも
我ながらどうかと思うが、でも手首は動くし、捻ると痛いけどまあ動くし、
「私、骨折しないので」。
ちょっと貧血っぽくなったけど痛みのせいよね、
ひどい打撲だったのよね、と思っていたのですよ。

なので、朝やらかしてお昼くらいまで、湿布貼ってだましだましやっていたのだが
昼休みに確認するとぽこっと腫れてる・・・
あれ、これはもしかしてまずいかも?
取りあえず病院行ってどんな状態か確認だけでもした方がいいのかも?

休日だけど職場から連絡入れて貰い、診てもらいました。

「左手の尺骨が1本折れてますね」


・・・やっちまったわ


初めての骨折。

昨今、友人やら家族やらが骨折・ヒビ・捻挫で次々とやられて
大変だよね〜、なんて言ってる自分にしっかり順番が回って来ちゃったのでした。
まあ腕ピンポイントで、頭や腰や利き手が無事だったことを良しとしよう。

でもでもこれで来月9日の五段審査はおシャカだああ・・・
せっかくこのところいい感覚で引けていたのに・・・ああ口惜しや〜!
ただ、捻ると痛い腕の向きが、弓引き的には肩が抜けるといわれるダメな角度だと気付いて
もしや痛くないようにしていると自然と肩が入っていいんじゃないか?なんて
考える弓バカです。



by quilitan | 2017-09-17 21:51 | 雑録 | Trackback | Comments(2)

大怪獣イグノランテ

イグノランテの武器は強烈な〈ムチ〉です。
そのムチが炸裂する度に私なんか簡単に吹っ飛ばされてしまうのです。

その昔、「ゴジラ対ビオランテ」という映画があったように記憶しています。



・・・・・・・

「イグノランテ」というのはスペイン語で、無知(の)・無学(の)・無教養(の)という意味です。
でもこっちもゴジラに対抗できそうな気がしませんか?
私には怪獣の名前にしか思えなくなっています。


私はこの年になって、「無知」というものがどれほど凄まじいものか思い知りました。
個人差はあるにせよ、人はそれぞれの年齢に見合った知識・・・常識としての知識というものを
成育の過程で教えられてくるものだと思っていたのです。

しかし、そうではなかったのですね。

それを教わらなくても高校に入れて大学も合格して単位取って卒業して就職まで出来ちゃうんですよ。
何かを新しく知る、ということがその人の人生からすっぽり抜けていても
問題なく生きてこられたんですね。

そもそも「自分はこれを知らない」という自覚を持たないので「知りたい」という意欲があろうはずもなく
その脳味噌には、今自分がいる世界の外にも別のものがあるということは刻まれていないようです。
だから一つ知識が増えることで自分が一段上に昇れるということがどうにも理解できないらしく
「これこれこういうことは覚えておかないと」といわれたことを一つ一つ
苦手な野菜を嫌々飲み込む子供のように頭の中に流し込んでいるのがありありと見えるのです。
そうしているとこっちが虐めているような、無理強いしているような、変な感覚になって来ます。

怪獣イグノランテが振り回すムチはこちらの想像を遙かに超えるパワーがあって
自分が本当に正しいことをいっているのかこちらの方が不安になります。
精神衛生上まことに宜しくないですよ。

でも今、イグノランテもおそらく生まれて初めて「コレワカル?」という波状攻撃を受けているのでしょう。
飲めない人が無理矢理お酒を飲ませられて急性アルコール中毒になるように
急性知識ショックでアレルギー症状が出ないことを願います。


あ、イグノランテにはこういう「譬え話」も通用しないのだった。
譬え話は言葉のお遊びなので、抽斗が空っぽの人には使いこなせない技です。



by quilitan | 2017-09-13 22:26 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

あれから1年

寒梅さんのパグ仲閒であり、キッカの御縁をつないでくれた大切な友人の突然の旅立ちを知らされたのは
去年の8月の終わり。

「D母さんを偲ぶ会をやるけど行く?」と寒梅さんにお誘いを受け、昨日今日で名古屋に行ってきました。


忘れ物ないですかー、出発進行しますよ〜〜!


a0105480_20133783.jpg


ドライバーはぱんち寒梅さん、朝4時に出発し中央高速を一路名古屋に向けて飛ばします。
名古屋へ向かう風景も見慣れてきました。

そしてお昼を目安にいつものお仲間もと徐々に到着し、D母さんを偲んでの宴の始まり。

基本パグ飼いさんは美味しいものが大好き。テーブルの上にはご馳走が一杯。


a0105480_20191867.jpg


D父さんが用意してくれた名古屋名物天むす

a0105480_20151587.jpg



埼玉からはD母さん直伝の串カツを寒梅さんがサプライズで持ち込み
(揚げるそばからお腹の中に消えていった)

a0105480_20142191.jpg



それに合わせてYちゃんのサラダ・・・

a0105480_20154754.jpg



NBっち家が受け狙いで買ってきたそうですが、これが美味しかったのねー
いやぁ最近マジでビール飲めるようになって来ちゃったなあ。

a0105480_20200022.jpg



皆さん筋金入りのパグ達人揃いなので、当然紙皿からコップもパグ尽くし。

a0105480_20180547.jpg




お昼から夜も更けるまで、ずっと食べて飲んでお喋りして・・・こんな風に延々語り尽くして貰える、それが人徳というものね。
D家にはまだ母さんの存在が満ちていて、一緒にお喋りに花を咲かせているようにさえ思えたものです。
私は元々寒梅さんのオマケで知り合ったようなものだけど、ありがたい御縁だな。


そしてキッカちゃんは、拾い主でもあったYちゃんからお誕生日のプレゼントをいただきました!

ちゅ〜るセットと・・・

a0105480_20204456.jpg

おニューの爪研ぎしかもオモチャ付き!



おっかないような興味津々のような・・・・・・って、アレ?


a0105480_20213042.jpg
あたいの。


a0105480_20215709.jpg

あげないんだからねっ!!


まあバトル勃発になるかどうかはこの先のお楽しみです。

寒梅さん運転お疲れ様でした!


by quilitan | 2017-09-04 21:18 | 旅する | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30