DANCER〜世界一優雅な野獣

@スカラ座

フライヤーを見た時からこれは行かねば!と思っていた作品。
タトゥーだらけの破天荒なダンサー、というのが煽り文句で
だからこそ日本語タイトルで「野獣」と付けたのだろうが
観れば野獣どころか一番大切な家族と切り離された寂しい小犬ちゃんだった。

そもそもタトゥーをこれでもかと入れる人は(儀礼的なものは除いて)何かに縋りたい気持ちが強いと
私は思っている。
自分が求めても得られない何かがあればあるほど、確実に形に残るものを自分の身体に
しっかり刻み込むことでその隙間を埋めようとしているとしか思えない。
このタトゥーまみれは弱さの象徴でもあると思うのだ。

でもこんな尋常でない才能は1人じゃ抱えきれないのも当然かもしれないな。
ロイヤルバレエアカデミーで3年飛び級して、入団して19歳でプリンシパルになり22歳で退団、
ロシアに戻ってオーディション番組からモスクワの劇場のプリンシパル・・・
ここまで来ると突き抜けすぎて怖くなる。
踊ろうと思えばどのようにも踊れてしまうのだから、“踊るため”という目的がそもそも存在しない。
誰もが「出来ないことが出来るようになる」ために頑張るのにそれがない。
目標がない中で何かをしなければいけないというのはどれほど孤独だろう。

バカ騒ぎをして酔っぱらって、何しても起きないくらいぐっすり眠りこんでいる時の顔が
何とも言えず美しくて、それが切なかったなあ。


与えられた〈器〉に入りきらない才能を持ってしまった人の苦悩は
器のいいとこ2,3割ぶんくらいしか活用できていないような凡人の私には想像もできないが
それでも容量以上に詰め込まれた器は壊れるしかない、ということはわかる。
器が規定以上の膨大な容量に耐えられないのは当然のこと、
でも本人には器が壊れるのも中身が溢れ出すのもどうにも出来ない。

彼は自分がバレエをやることで家族がバラバラになったことを悔やみ、嘆いていたけれど
たとえ一緒にいたとしても普通の人には彼の苦悩は分からないだろうし
受け止めることも出来なかったのではないかと思う。

この人は、持ってしまった者として悩まなければならない運命だったんだろう。
そうやって「ダンサー」になっていくんだな。


でも、できれば坊主頭より乱れ髪で踊って欲しいと思ったワタクシです。
何だろう、舞踊家ってなぜか坊主系が多い気がする。
ちょっと突き詰めたいと思うと人って自然に髪を剃りたくなるのだろうか・・・?
単に邪魔なのかもしれないけど。



*映画を見た日に詐欺めいた来日公演の情報が駆け回っていて
 何というタイミングかと笑っちゃった。
 多分スカラ座さんに回ってきたのはけっこうお終いの方だと思うので
 初期の上映で人気に眼を付けた輩が金の臭いをかぎつけたんだろうなあ。



by quilitan | 2017-08-31 23:52 | 見る | Trackback | Comments(0)

納得

「ひよっこ」2本立てから朝イチでいきなり三男のアップ、
朝イチも「ひよっこ」バージョン全開だ!・・・と思ったら
昨日の北朝鮮のミサイル発射を受けて子供達も入れての戦争座談会となっている。
いくら終戦記念日、原爆の日にその悲惨さを伝えようとしても現実感がここまで薄れていると
一発の現実の方がはるかに強いのである。
そもそも今日の朝ドラ2本立ても、ミサイルのニュースで昨日の朝の放送が潰れたからだし
折しもぎりぎり夏休み、子供と一緒に考えるというのもいいタイミングであったかもしれない。

小学校高学年から中学2,3年の少年少女がテレビの前で
「こういうときどうしたらいいか?」などという大人の質問に対して
それぞれの意見を出していた。
その中にいた“歴史が大好き”という中2の少年、自分の持っている知識をちゃんと取り込んで
その辺の大人なんぞ敵わないほどこれこういう理由でこうした方がいいと思います、と
中身も伝え方もそれはきちんとしていたのである。

一緒に出ていた同い年の少年が「こうやってドーンってやればオオッてなるから・・・」
と言った後だったのでなおさらその伝える力の差を感じてしまったのだった。
勉強の出来不出来とかではない、頭の中で考えを整理すること、
そしてそれが正しく相手に伝わるように言葉や文字にする、それがどれほど重要かを
期せずして見せつけられた。


ちょうど今接している若い人(でも大人)が、どうもきちんと伝えられないタイプのようで
表現のストックが年齢相当よりかなり少ない。
言葉を選ぶのにも自分と対峙するのではなく、人の顔色を伺いつつ
「こんな感じで間違ってないかな?」と自信なさげにヘラッと流そうとする。
普通の会話ならそれでも通じるけど、大人なのでそれなりの対応力だって求められるのである。



ほんとうはこういうことを学ばなくてはならないのだと、戦争の話そっちのけで
思った朝でした。






by quilitan | 2017-08-30 09:17 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

お猫様が
「このゴハンもう飽きた」
「これじゃない」
って選り好みするようになって来て(特にコビ、お前だよ=!)仕方ないなあ、と(←猫バカなので)
ちょっと違うゴハンも買ってみたわけですよ。
でもキラキラストルバイトを予防しないといけないパスちんも食べても良いようにと
「オーガニック」とか「無添加」とかなるべく体に良さげな感じのものを選んだのよ。
食いつかない場合も考えて一番小さいサイズにしたけどね、ヒト用と同じで「自然派」系ってお高いので
とりあえず2種類(←うーん、バカですね)。

で、どのタイミングで出そうか決めかねていたところ
コビがまたぞろワガママ言い出してごねごねいうもんだから思い切って開封しましたよ!
フガフガいいながら完食する姿を想像しながら
さあどうだ!高級カリカリに食らいつけ!とばかりに鼻の先に突きつけましたね!



        ぷいっ    


・・・・え。
ちょっと待って、ひと舐めすらしないの?ニオイ嗅いで終わり!?
ホラホラ、と押しつけてもぷいぷいぷいっ。

じゃあキッカちゃん、キッカちゃんならどう!?

        ふいーん。しらーん。


ええええ!!
高かったカリカリ・・・庭猫行き決定です。

何だか悔しかったので、もう一種類の方も開けて「今度はどうだ!」と突き出したら
お、こっちは食いつくじゃないの。
ざらっとお皿に入れてさぁさぁ、と勧めたところ・・・もういらないといわれました。



そして極めつけの事実。
庭猫ご飯に混ぜたこの高級カリカリ、ヤツらもしっかりそれだけ残していたと母に聞いて
なおさらがっかり。


そういえば昔、〈高級薬膳中華料理〉のお店に連れて行って貰ったとき
そこで出された “余分なものや添加物は一切使っていない純粋な鶏のダシのスープ” が
あまりにも鶏すぎて、とても飲めなかったことをふと思い出しました。


そういうことか。
お安くできているんだな、ウチは人も猫も。

a0105480_21074979.jpg

美味しけりゃいいじゃないのよっ!

ですね。

by quilitan | 2017-08-29 21:45 | | Trackback | Comments(2)

マチネとソワレ

などと書くとお洒落さんですが、つまりは昼も飲んで食べて夜もまた・・・というハナシ。


コミケの打ち上げも兼ねて、“チーム猫馬鹿”は総勢5名で浅草橋の「ねこ休み展」に行きました。
Nちゃさんが探してくれた美味しそうなお蕎麦屋さん、混まないうちにと開店直後に
なだれ込みです。
早お昼の時間だったけれど、次から次へと客が入って(土曜日だしね)
あっという間にお店は人で一杯。すごい・・・

浅草橋といえばそりゃ江戸前だし、穴子天せいろで決まり!

でもせっかくお蕎麦屋さんなんだからつまみも必須、卵焼きと焼き味噌なんか頼んじゃいまして
そんなつまみがあるならそりゃやっぱり酒も・・・
昼からワタクシ黒龍いただきました。
何という幸福。


江戸前穴子天せいろはこのボリューム。

a0105480_22091231.jpg

a0105480_22082953.jpg

この立派な穴子天!!さっくさく〜〜〜!


そして飲んでも食べても甘い物は別腹。

a0105480_22093846.jpg

蕎麦プリン、美味。



本命の「ねこ休み展」は小さなギャラリーでの開催ですが、所狭しと写真やらグッズやらで一杯。
どんなスペースも無駄にはしない、これは階段の天井に貼られていたポスター。

a0105480_22101031.jpg


これは MADE BY 抜け毛・・・これだけ集めるのって相当ブラッシングしないと、と思ったら
ものすごい長毛モフモフさんのものだった。納得。


a0105480_22104575.jpg



こちらの写真もたまりません。
       
a0105480_22115738.jpg

a0105480_22122260.jpg
        
        展示物が全て撮影OKで、これなどまるで自分が撮った写真のようになってしまいましたが
        これはあくまでも他人様の作品です。


よそ猫のあれこれを見た後は、またひとしきりウチの猫たちの話で盛り上がったのでした。


そして三々五々別れた後、私は本日の“ソワレ”、寒梅亭茶豆ナイトに向かいます。

今年の天候不順と、寒梅さんも初めて知ったという「美味しい茶豆は遅く採れる」ということで
例年より2週間ほど遅い茶豆ナイトとなりました。
茶豆ナイトは豆と酒。それが基本。

COEDOの期間限定ビールをこの日のために準備しましたよ!
黒ビールの「月下」。
本当はもう1本「朝虹」というのがあるのだが、何せお高いもんですからみみっちく1本で。

a0105480_22150496.jpg



さあ、豆をいただきましょ〜〜!
a0105480_22153477.jpg

「美味しい方の茶豆」は確かに味も濃いし甘いしほっくりこっくり
お酒進んじゃうじゃありませんか〜〜。
COEDOは早々に飲み干し、まあ後はエビスもあるし、ちょっと放置されて味落ちたかもしれないけど獺祭もあるし
寒梅家のボイセンベリー酒・・・


a0105480_22170499.jpg


おりしもこの日は川越の花火大会。
ただ今年は遠い方の会場だったのが残念。遠くに真っ赤な打ち上げ花火をちらちら見ながら

a0105480_22174549.jpg

2人分の夢の跡。



by quilitan | 2017-08-27 23:02 | 食す | Trackback | Comments(0)

某所での女子2人の会話。
別に私が聞き耳立ててるわけではなく、人が大勢いる場所で喋るのに
まったく声の調節をしないので丸聞こえになるだけのこと。

スマホケースを買ったものの、サイズだか機種だかを間違えてしまい
それが使えなくてちょっとがっかりのA子ちゃん、ほんのちょっと先輩ふうのB子ちゃんに

「そうだ!これいりませんか?あげますよ!持ってても使えないしこういう感じでステキなんですよ!」

B子ちゃんの返答はちょっと聞き取れなかったけど(それが普通なんだよ)
どうも好みではないらしくお断りした様子なのだが

「えー、ここがいいんですよ、なんでいらないんですか?

安かったんであげちゃっていいレベルなんですよー(なんちゅー失礼な言い方だ)

えー、ホントにいらないんですか?
え、それって欲しくないってことですか?欲しくないんですか?」



まるでナゼナゼ期の子供の問答のようではありませんか。

自分の好みのものを万人が好むと信じて疑わないその思考回路はどこから来る?


出来の悪いロボットの会話を聞いているようでちょっと怖くなった。


by quilitan | 2017-08-26 00:06 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

チェ・ゲバラ写真展

久しぶりに都会にお出かけです。
渋谷で髪を切って、恵比寿ガーデンプレイスへ流れる。

チェ・ゲバラといえば、まずHabanaの革命広場のビルにも使われている〈あの写真〉だが
今回の写真展は被写体としてではなくゲバラ自身が撮影者というもの。
この英雄がどういう目線で状況を見ていたか分かるというのが大きな魅力なんだろう。
Nちゃさんに教えられるまでこの展覧会のこと自体知らなかったのだが
結構な入りでちょっとビックリ。

そういえばこの人若い頃にはバイクで南米大陸放浪してたっけ(「モーターサイクルダイアリーズ」)。
キューバ革命を成し遂げた後の外遊は国を背負うものとしての責務だったのだろうが
フットワーク軽くあちらからこちらに飛び回る様はまるで根無し草。
そんなゲバラの撮った写真の多くが遺跡というのも面白い。
自分の理想の根を張る場所を求め続けていたのだろうか。

プリントのざらざらした感じや色の褪せ具合がちょっと懐かしいです。



a0105480_22270889.jpg

これは〈あの写真〉を撮影したコルダ氏のオリジナルプリント(サイン入り)。
やはり表情がいちいち絵になる、というか雄弁なのですね。

この展覧会、もうじき公開されるゲバラを扱った映画のプロモーションも兼ねているようなのだが
ゲバラを演じる役者がホントにそっくりで驚いた。
キューバロケもありそうだな・・・監督も阪本順治だし、見ようかな・・・






by quilitan | 2017-08-24 23:20 | 見る | Trackback | Comments(0)

無邪気には勝てない

私は他人に何かを教えるというのが苦手である。
自分の持っている知識や経験が教えるに足るものかどうか考えてしまうから。
自信を持って「これはこうだ」と言いきれず「私のやり方はこうだけどね」と
まあ一種の責任逃れ的な態度になっちゃうのである。
しかしここへきて、親子ほど(いや、それ以上だ)年の離れた相手に教える必要性に迫られ
頭ごなしにならないように、「意地の悪いオバちゃん」にならないようにと用心して
とりあえずそろりと取りかかる。

しかし・・・ゆるゆる教えていたらゆるゆるとしか覚えてくれないことに今さら気付く。

しかも、自分としてはごく自然にやっていること、知っていること、
日常生活の基礎として染みついているようなことが通じない。
『えっ、それ知らない?やったことない!?』と何度口をついて出そうになったことか。
でもそれは禁句、と自分に戒めているのでぐっと堪える。
そのたびに胸に澱のようなものが溜まる・・・う〜・・・

不思議なポジティブシンキングでへこたれずにいてくれるのはありがたいのだが
それだけに「これが出来ないとまずい、やらなくちゃ!」という危機感がないのだ。
あるのかもしれないけど、少なくとも感じられない。
「やらなくちゃ!」と思えば「ではどうすれば」に発展するのでそこは大事なところ。
どうすれば、がわからない時はチラチラ人を見るのではなく言葉で質問しないとね・・・
オトナなんだからさ!
オトナの無邪気は・・・罪でさえあると思うよ。
お勤め経験があるというけど、そっちでは問題なかったのだろうか。


私は、詰め込み教育って弊害だけではないと常々思っているんだけれど
このゆとり思考を目の当たりにしてあらためてそれを実感した。
勿論、年齢だけではなくその人の持つ性格や資質にもよるところは大きいだろう。
今回はたまたま(よりにもよって)そういう人に当たっちゃったんだろうけど
これが暖簾に腕押し糠に釘というものかとしみじみ思う日々です・・・


更に年齢が下の思春期盛りを相手にしている教師稼業の友人を心から尊敬します!!



by quilitan | 2017-08-20 00:43 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

できたて熱々

ただいま絶賛開幕中の〈有明地区夏の祭典〉、当落決定の前から
その日がどうしても休めず参加ならずということが分かってしまいました。

せっかく受かったものの、そうなるとテンション落ちて新刊はもうナシだな、と勝手に諦めていたんだけど
祭り友達に煽られてその気になってしまいました。
しかし時間があるようでないようで・・・と相変わらずぐずぐずしている内に
あっという間にその日が近づき慌ててエンジン全開、ギリギリ新刊完成です!
でも綱渡りのわりには思いの外さくさくと捗り
Nたん宅での家内制手工業を絵に描いたような作業を終えて明日はビッグサイト。
東てー34bでお披露目ですよ〜!


                              キッカちゃん、旨い?
a0105480_23163336.jpg




そんなガシャコン作業の後は、久しぶりの美味しいイタリアンを堪能だ!

オススメの前菜があまりにも美味しそうで欲張って注文。

                            
                        生クリームみたいなもっちりもちもちチーズと

a0105480_23182177.jpg


ココナツジャムとチームの生ハム巻

a0105480_23170541.jpg


桃のカプレーゼ

a0105480_23215297.jpg

どれも大当たりで美味しかった。車だったので飲めなくて残念だなあ。
しかしそろそろ食べる前に撮る、が間に合わなくなってきました・・・

a0105480_23230127.jpg

ふわふわオムレツもパスタも写真ありません!


さて、デザートどうしよう?
黒板にある「バナナ丸ごと1本 バナナコッタ」が気になる。
気になる・・・ものは食べてみよう!


a0105480_23242118.jpg

あ、本当だ、バナナが丸ごと1本だ。

サイドにはバナナの赤ワインコンポートが添えられて、バナナ1本。

でも、お皿が置かれた時ぷるるんと震えたバナナ・・・そんなバナナ大洋のワカナ


a0105480_23260964.jpg


バナナに擬態した、これが「バナナコッタ」なのでした!

何このとんでもない遊びとこだわりは〜〜!!


見た目でドッキリだけじゃなく、とても美味しかった。
コンポートのバナナの歯応えがしっかりあって、ぷるるんバナナコッタとの組み合わせは絶妙。
うま===い!!


私何しに行ったんだっけ、と言う気分になるくらい気持ちが緩んでしまいました。


明日参加の皆様、体調に気を付けてゆるゆる参られませ〜〜!
わたくしは別の場所で「いらっしゃいませー」を言ってます。





by quilitan | 2017-08-13 00:23 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

アツイよ!

台風が過ぎてこの夏最高気温があちこちで記録されている今日

a0105480_15204525.jpg

日除けの陰とはいえなんなの!?
暑くないの!??

暑さより愛なの・・・?




by quilitan | 2017-08-09 15:23 | | Trackback | Comments(0)

最近、若い人と接しています。
どれくらい若いかと言えば、そのひとの母親が私より年下、というくらい
若い人です。

で、ちょっと前に気になっていたこととして
若い人らの会話の言葉が聞き取れないことが多く
年のせいか、とがっかりしたことがありました。

しかし!

今間近で接している若い人についても、まったく同じことが起きているのです。
発声が鼻に抜けるので、空気が漏れているような不明瞭な喋り方になり最後まで聞き取れない。
多分本人は無自覚。
しかも自分で喋って自分でウケて笑いながらさっさと自己完結してしまうので
ますます聞き取れないのですよ。
これは絶対私のトシのせいじゃない!!

こういう人って、もしかしたらちょっと強迫観念みたいなものがあるのかもしれない。
自分が話していることが面白くなかったらどうしよう、
なんだこいつつまんねー話しして、なんて思われたらどうしようという
変な自意識が働いているんじゃなかろうか。
そういう時は自分で先に受けて話を終わらせるか、強気で自分の価値観を押し通して終わるか、
どちらにしても相手のことは考えてないんだよなあ。
確かに“若さ”には他人のことなんかお構いなしということも特権としてあるだろうが
この場合は“稚さ”という方が当たっていると思う。

この言語不明瞭、一緒に会話している身としては
いささか拷問に近いものがあります。



by quilitan | 2017-08-08 21:39 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き