まだ1月だよね

立春前だというのに、ここ数日は春のような陽気。

ぼちぼち庭に鳥が来始めたので、ミカンなど提供してみました。
早速ヒヨドリがガツガツ食い荒らし、続いてメジロもやって来て
なぜかパストラ兄ちゃんまでもが・・・・・

a0105480_23231317.jpg


a0105480_23224175.jpg


ミカンの匂い、気にならないんだろうか。


最近は、チビッコ(といいつつ、もうチビではなくなってきた)と
パストラ兄ちゃんがよくつるんでいる。
チビッコは♀なので気が気じゃないのだが、これがなかなか捕まりません。
猫の春になる前に何とか・・・・したいものだ。
by quilitan | 2014-01-31 23:30 | | Trackback | Comments(2)

猫草

近所にあったホームセンターが昨年いっぱいで閉店してしまった。
街道沿いにある巨大店舗のような品揃えや安さには及ばないが
なくなってみると、急場を凌げる便利さでいかに重宝していたか
しみじみ思い知らされる。

特に猫草不足が・・・

しょぼしょぼになった猫草に食いつけない猫を見て
「ひとっ走り買いに行ってくる!」ができたのに
今は車で買いに行かなくてはならない。
しかも、せっかく行っても置いてなかったりもするのだ。
鉢にタネ植えて育てたこともあるけど、意外と思うように育ってくれないんですね。


庭の、使っていないプランターで無駄に元気に育っているこいつら
a0105480_22533883.jpg


たんごはこういうの大好きで、庭に出す度に食べていたけど
でも、今の庭猫の数と勢力を見ると
明らかに色々なモノがかかっているだろうと思われて
食べさせるのがちょっと憚られるわけですよ・・・


また買いに行かなくちゃ。
ね、キッカちゃん。

a0105480_2253585.jpg

by quilitan | 2014-01-29 23:14 | | Trackback | Comments(2)

終わらない物語

ごく普通のティッシュボックスに
ごく普通のカバーを付けております。
a0105480_14102658.jpg



ただひとつ普通でないのは・・・・・


a0105480_1410235.jpg


ティッシュは裏側から出すのでした!!


猫をお飼いの方にはお馴染みの
 「ティッシュ引き出し遊び」 が我が家でも頻繁に行われた結果
人間が不便を我慢するという、これまた猫飼いには当たり前の顛末に。


a0105480_14103629.jpg


でもそこに乗られては裏も表もないんですけど。
もう一箱出すようなのか?
そしてその箱でまた引き出し遊びを・・・・・・・?
by quilitan | 2014-01-28 14:19 | | Trackback | Comments(0)

食べ物ですよ

a0105480_23341645.jpg


仕事場近くのQスーパーで売ってました。
他にもイルカとかアシカとかペンギンとかよりどりみどり。
どんなお味なのかはこれからのお楽しみ!・・・ラーメンですけどね。
そういえばその昔、鳩サブレには鳩のエキスが入っていると
半分本気で話していた友人がいましたが
これ見たらなんて言うんだろ、なんて思ったりして。


そして、お洒落なラスク再び!

a0105480_2333545.jpg


a0105480_2334347.jpg


パンの耳・・・・素晴らしい!!
夢のようなお菓子です。
しかも見た目だけじゃなくて美味しいのです。
じっくり楽しんで頂きましょ。
by quilitan | 2014-01-23 23:43 | 食す | Trackback | Comments(0)

隔靴掻痒

無事デジタル映写機投入を果たした地元スカラ座さんで
「タイピスト!」という映画を見てきました。

ここのところ、痒いところに手が届かないというか
自分の心にすっぽりはまってくるものを感じない映画が続いてます。
映画の内容にかかわらず、ドン!と来るものがあれば
「この映画見てきたよ!」と語っちゃうのですが
何となく気乗りせず・・・という感じの作品に当たってます。
この前に見た「ぼっちゃん」も
きっとはまるものがあるだろうと期待していたのですが
見終わってあれこれ考えるにつれて、どんどん腹立たしさが増すばかりで
考えがまとまらなかったんですね・・・
それが目的だとすれば1本取られたといえますが。


「タイピスト!」は、ひとことでいってお洒落な映画です。

1950年代、タイピストが女性の花形職業だった時代、
フランスの田舎の女の子がタイピスト世界一決定戦を目指すお話。
当時のウェストがきゅっと締まった可愛い服や旧式のタイプライター、
懐かしくてお洒落なファッションがいっぱいです。
ナンバーワンを目指して特訓を続けながらもそこはフランス映画ですから
ロマンスもふりかけつつ、スポ根ラブコメディの出来上がり!

     ・・・・なんだけど・・・・

登場人物に厚みを持たせたかったのか
妙に暗い設定がくっついていたりして、なんとも中途半端になってしまった。
お洒落なスポ根として徹底すればいいのに
そんな単純な話は作りたくなかったとでもいうのでしょうか?

それと、俳優さんがね・・・・・こればっかりは本当に好みの問題なのですが
私の個人的趣味で言わせてもらうと
もう少しこの映画にあった顔立ちっていうものがあるんじゃないか、と。
ロマンスに絡む男が(しかも二人も)口元が気になるっていうのはあまりいただけない。
きっとこれは話の持って行き方とキャラが合ってないってことですね。

どうもフランス映画との相性が今ひとつの私、これもやっぱりちょっと・・・でした。
私、気に入ってるフランス映画って何かあったっけかなあ?

でもファッションとしては見ていて楽しいです。




***

フランス映画、好きな作品ありました。
大昔の「太陽がいっぱい」。
ルパンにしろモンテ・クリスト伯にしろフランス文学は好みなのに
何で映画がダメなんだろう・・・
by quilitan | 2014-01-20 22:55 | 見る | Trackback | Comments(2)

ごーじゃすごはん

仕事が終わって、ホッとひと息。
駅ビルに入っている日本料理店で美味しいご飯をいただきました。


特に写真を撮る気はなかったのですが
美しい造作に思わずカメラが・・・

a0105480_1722754.jpg


なんともめでたいじゃないですか。


我が家はナンチャッテおせち料理だし
お正月もバイトであまり落ち着いていなかったので
ここへ来てのこんな綺麗な料理にちょっと嬉しくなっちゃった。

a0105480_1723681.jpg

蛤のしんじょでしょー

a0105480_17399.jpg

立派なお重でしょーー


そして、「射込みかぶら」ときたらこれはもういただかなくてはねえ。
a0105480_173766.jpg


ま、「かぶら」違いではありますが・・・・・

これ、くりぬいた蕪の中にお野菜や鰻が入っていまして
鰻の白焼きがまっこと美味しゅうございました。

和食って良いですね〜。
見目も美しいし、体も芯から温まるんだよねえ。



あ、仕事中にいただいたラスク、お洒落なだけじゃなくてすごく美味しかった。
パンの耳がこんなに化けるとは・・・!

a0105480_1732040.jpg




美味しいものをいただく度に幸せを感じるのでありました。
by quilitan | 2014-01-19 17:16 | 食す | Trackback | Comments(2)

懐かしの“ なぞてん”

「なぞの転校生」がリメイクされましたねー!
しかも、岩井俊二だ。
放映を知っていたのにうっかり初回見逃しちゃったんだけどね・・・


NHKの少年ドラマシリーズは、リアルタイムでハマって見てました。
いかんせん大昔のことなので、記憶はあやしいながらも
映像として(ぶつ切りだけど)印象に残っているんだよなあ。
とくに主役ふたりのイメージが逆じゃないのか、という感じが
妙な違和感としてずっと残っているのですね。

今回は、そういう部分では納得の配役。
岩井さんの不思議ちゃん的な表現にちょっと戸惑いつつも
ああ、これが岩井ワールドかと思いながら、懐かしさ半分、楽しみです。
ミッキー・カーチスがいい味出してるし、
なんと、旧作で主役だった少年が今回の主人公の父親役で出ていて驚いた。
あのシュッとした少年がお父さん役か・・・と色々感慨深いです。

原作本も持ってたと思うんだけど・・・ちょっと探してみようかな。



本筋とは関係ないんだけど
物語の進行が謎だらけなので、どうしても主人公は
“それはどういうこと?”という状況に向き合うことになるのですが
会話でいうと
      「えっ?」
ということばが頻発するわけだ。

なんかね、その「えっ?」の言い方が気になっちゃうんだよね、最近。
今の朝ドラでも、主役がやたらそれを連発していたのだが
それは何だか突き刺さるような感じでイヤだった。
もちろん自分でも日常的に使っているだろうし聞くことも多いと思うので
気になるのとそうでないのがあるんだろうな。

今回のなぞてんの主役の「えっ?」はちょっと気になっちゃう方でした。

さてさて、不思議ちゃんは今後どうなっていくのか楽しみです。
by quilitan | 2014-01-18 12:28 | 見る | Trackback | Comments(0)

小ミケその後

無事元気に戻りました。
車の中では鳴きっぱなしだったけど、元気元気。
なんといってもまだ若猫だし、妊娠もしてなかったので傷も小さい。

家に戻ってごはんをあげて、ケージから出しながら抱っこしたら
大人しく丸まってしまった小ミケちゃん。
ああこのままウチの子にしたいという欲望に身を焦がしつつも
心配そうに近寄るおにいちゃんのパストラと一緒に
ごはんに不自由しない野良生活に戻っていくのを見守るのでありました。
この近辺が安全だというのはわかっているので
あまり遠くには行かないだろう。
明日もお薬があるからご飯食べに来るんだよ!!


でも、もし今後タイミングが合うことがあれば・・・・
ねえ。
by quilitan | 2014-01-11 12:21 | | Trackback | Comments(6)

年の初めの庭猫事情

この冬一番の寒さ、といわれるのも納得の快晴っぷり。
山並みがとても近くに見え、真っ白な富士山も堂々と聳えているのが見えます。

固定客から一見さん、流れ者と各種取りそろいの庭猫ズですが
年末あたりからミケちゃんが姿を見せない。
小ミケ・パステルのきょうだいはきっちり来るのに
お母ちゃんどこに行っちゃったのか・・・どこか別の宿を見つけたんだろうか。
ミケちゃんの顔立ちがけっこう好きなので、心配でもあるし気にニャルのです。


かと思うと、これまためちゃくちゃ人にすり寄る黒キジが
図々しさ丸出しで出入りし始めた。
体格もいい成猫で、立派なモノつけて、でもひたすらかまってちゃんなのは
どこかで飼われていたとしか考えられない。
時々シマちゃんや1号ちゃんとバトっているのだが
ガタイがいいので意外と強気・・・っていうか、負けても気にしていない感じ。
その辺も飼い猫臭い。
放浪してはぐれたか・・・


そして昨日、そろそろ・・・と考えていた小ミケちゃん捕獲に成功。
捕獲といってもご飯食べに来たところを軽く抱えてケージにホイっとね。
全く問題なし。
昨夜から今朝にかけての寒さに段ボールガードと風よけシートを装備、
無事に今朝病院に預けて参りました。

小ミケちゃんもすっかり慣れてしまいました。
撫でると頭を預けてくる・・・たまらん〜〜〜!
毛触りもさらさらで、まさに野良猫以上飼い猫未満。
病院に連れて行くには苦労がなくていいんだけど(でも車の中では大鳴き)
これでまた外生活に戻すのもちょっと切ないです。
でもウチも数は2匹だけど気分は満員御礼なんだよなあ・・・・

できればパステルトラも連れて行きたいのだが、一緒にご飯食べに来るくせに
こっちはまだまだ警戒しっぱなしで近づくと逃げてしまう。
ただ、♂なので緊急性がないという油断がこちらにあるのも正直なところ。
本当はそんなこともないんだけどね・・・


今年もまた猫年確定の午年です。
by quilitan | 2014-01-10 12:00 | | Trackback | Comments(0)

マハラジャ・キッカ

寒くなってきたので、椅子の上にムートンを敷きましたらば・・・・・

a0105480_2112876.jpg


よほど気に入ったご様子。
まったくどきません。

そうよね、キッカちゃんのために敷いたんだよ・・・・うん。
by quilitan | 2014-01-09 21:07 | | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き