<   2011年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

暮れゆく

たんごは相変わらずお布団に潜っています。

恒例になっていた「年越し・初日の会」も
それぞれの事情で今年はありません。
折りしも明日の初日はあまり望めないお天気だそうですね。
今まで見られなかった記憶ってなかったから
そういう年回りなんだなあ。

紅白歌合戦を始まりから見るなんて何年ぶりかしら。

早々に蕎麦を食べながら
kirinさんに頂いた〈美酒・神亀〉の酒粕で作った甘酒を片手に
テレビ斜め見です。
ヒロミ・ゴーはエンターテイナーだなあ。
特にファンでもないけれど、見ていてスカーっとする。

a0105480_2136780.jpg

濃くてメッチャ美味しいぞ、この甘酒!!!
ついつい飲み過ぎてしまいそうでコワイ・・・
これでもしっかり日本酒だし
砂糖も結構入れてるし・・・・・


今年は色々ありましたね。
社会的にも、個人的にも・・・大波小波で揺さぶられ続けです。
それでもこういう風に美味しいものを頂きながら
年が越せるのは幸せなんだ。

今年も拙いつぶやきにお付き合い下さってありがとうございました。
来年も細々とやって参りますので宜しくお願いします。
来年は、きっともっといい年になると信じよう!
信じたい。

もう少ししたらまたたんごにご飯だ。
たんちゃんに嫌われて年越しはイヤだなあ・・・・
by quilitan | 2011-12-31 21:53 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

晦日まで

12月28日

昼間いつもお布団の間に挟まって寝っぱなしのたんご。
寝過ぎじゃないか・・・と一瞬考えたこともあった。
ただリッちゃんが旅立った後、しばらく落ち着かなかったこともあり
ゆっくりできるようになってきたんだと思っていた。
でもこの日は夕方暗くなっても起きてこない。
強引に起こすものの、明らかに様子がおかしい。
ストーブの前に寝そべったまま、ぐったり。
ご飯も一切食べない。
・・・・・翌日は数少ない年末の楽しいイベント
〈臨海都市のお祭り〉に行くために早起きするはずだったんだけど
行き先は急遽獣医に変更となってしまいました。
肉球・耳・口が真っ白だ。
キナちゃんの時のことが蘇る。


12月29日

朝イチで採血。
やはりかなりの貧血。
黄疸も出ているようだ。
生憎年末と言うことで詳しく血液検査をしてくれるラボがお休みに入ってしまい
現段階で貧血の原因ははっきりとは確定できないけど
「血中に原虫がいると思う」との見立て。
とりあえず抗生物質と・・・・強制給餌のための鼻カテーテル装着。
とにかく全く食いつかないので、それは何としても回避しないと
治療以前の問題なのだ。
でも鼻カテにはエリザベス装着が欠かせない。
たんごはそれでなくとも神経質なところがあるので
あの邪魔なエリザベスに、案の定イライラが募っている。
栄養補給してもストレスで身にならないんじゃ意味ないしなあ・・・
様子見しながらとりあえず外してあげると、カテーテルは邪魔そうだけど
ずっとリラックスしている。

と思ったら、一瞬の隙をついて鼻カテ外してしまった!

ご飯があげられない!と青くなってシリンジで試したら
これがあっさり出来まして・・・
それなら鼻カテはなくてもオッケーだ!エリザベスもいらないね〜。
ただ、どっちにしてもたんごには迷惑な強制給餌なのだ。
でも食べないと・・・・・ダメなんだよ、たんごちゃん。
早く自分から食べられるようになるといいんだけど!!!

食欲が出ないのも貧血のせいだろう、とのことだけど
ここ1日2日でなったものではないでしょう、と言われ・・・
確かに、“寝過ぎじゃないか”とは思ってたし
ちょっと肉が落ちてきたのも感じていた。
もっと早く連れて行く機会があったはずなのに・・・
〈多分大丈夫だよね〉を、また繰り返してしまった。
リッちゃんで懲りたんじゃなかったのか・・・・


12月30日

今日の〈年末お楽しみイベントその2・ふぐづくしの飲み会〉も
キャンセルされました・・・・・

朝、獣医さんが電話で様子を聞いてきてくれた。
相変わらず白いし食べないし・・・というと
「輸血という手もありますけどね」
でも供血猫が野良ズしか思い当たらない状況でそれは無理だろうと
一旦は却下したのだが
そういえばキナの時にはもう輸血をしても無駄だと言われたのに
今回はそこまでじゃないってことだと思うと
やれることはやってみたいという気になってきた。
それに、もしかしたらコビなら大丈夫かも・・・・・?
外ではコビちゃんが車の上で日向ぼっこ。
速効キャリーに詰め込んで、獣医に駆け込む。
もしもうまく型が合って輸血できたら、コビをおうちに入れてあげると決めた。


コビは見た目の割に体重が少なく、やはり外生活のせいか
こちらもやや貧血気味。血が薄いってことですね。私と同じだ。
それでもとりあえず検査して、数値的にはほぼ綺麗なもので(外猫なのに)
何より猫エイズと白血病が陰性!!!(外猫なのに〜〜〜!!)
コビにとってはありがたい結果なんだけど
さすがにうちのコが不憫で、ちょっと涙出そうになった・・・

ひとまず採血して、2匹お預かりされて、夕方迎えに行くことに。


しかし世の中そう甘くなかった。
コビとたんごの血液はクロスマッチテストで合わなかったのでした・・・・・

いずれにしても輸血も決定的な治療法というものではなく
あくまでも一時的にちょっと体力を上げる為の方便なので
出来なければ仕方ない。
とりあえずたんごは何とか強制給餌が出来るし
それから逃げるくらいには動けるし
大声で鳴き喚くこともする。
シリンジでの給餌に早くも嫌気が差してきたようで(それももっともなこと)
やる方も心が痛むんだけど
薬が効いてくれることを祈りつつ、それを続けるしかない。

コビの家猫計画は
家に戻って一旦は室内に連れ込んだものの
やはり「お外〜〜!」の要求が強く、あえなく頓挫。
長年の自由な生活は捨てがたいようだ。
きっと自由にしながら甘えさせて欲しいんだろうな。
本当はちゃんとした環境の方が良いんだろうけど・・・今さらかもしれないね。
それでももしおうち入れて、といってきたら
まあちょっとは大目に見てあげようかと思います。

歳末助け合いで丸く収まると良かったんだけど・・・
闘いの日々はまだ続きます。

心が折れる、という言葉が最近の流行りになっていて
私は好きではないんだけど
ふとそういう心境が分かるような気もします。

明日は大晦です。
by quilitan | 2011-12-31 01:58 | | Trackback | Comments(4)

黒猫店長

先日、〈リッちゃんクッキー〉を作ってもらったカフェ
あらためてご紹介します。
a0105480_23302611.jpg



おお、今日は店長がいる!
a0105480_23275065.jpg

この間来た時は外回り中でお会いできませんでしたね〜。

お店の前はこんなに長閑です。
a0105480_2328783.jpg


お店の中も素朴で長閑です。
a0105480_2329332.jpg



今日はちょうどお昼食べてなかったので
パンケーキとコーヒーを頂きます。
パンケーキは生姜入りを、トッピングは栗ペーストをチョイス。
a0105480_23285737.jpg

栗はお店の前の林で獲れたんだそうで
使い切り御免でそろそろお終いだとか。

a0105480_23291545.jpg

これ普通に手作りな感じだけど、ふわっふわ!!
ものすごく口当たりがいい〜!
柔らかくて甘さもちょうどいいんだなあ。
生姜と栗ジャムの相性は・・・?と、一瞬思いましたが
全然問題なし。
この間の“ちゅーくりーむ”もそうだったけど
ほぼ素材の味で自己主張が強くないからケンカしないんだろうな。


テーブルはせいぜい3つ4つ、という飾り気のないスペース。
私みたいにネットで見つけたという人もいるだろうけど
それほどお客さんが集中しているわけでもなさそうなので
オーナーさんとお喋りもしたりして
ちょっとご近所にお茶飲みに来た、って気分。

あ、店長さんが外回りにお出かけだ。
a0105480_2330690.jpg



地元の田園風景見ながらのんびりコーヒーを・・・って
なんて贅沢なんでしょ。
ちょこちょこと通ってしまいそうです。
by quilitan | 2011-12-28 00:11 | | Trackback | Comments(2)

そんな気分

クリスマスが過ぎると一気に年末気分になる。
夕焼け空も“暮れ”の風情に見えるものですね。
a0105480_01255.jpg


きっと、大したこともなく過ぎていくんだろうな・・・
でも今年ほど「何事もない」ことが何より幸せなのだと
思い知らされた年はない。

心して生きなくちゃいけないよね〜。
by quilitan | 2011-12-27 00:09 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

終わってみれば、〈優勝・浅田真央〉
まあ順当といえばそうだけど
浅田真央も100%とはとても言えなかったので
幸運でもあったかな。
でも、そういうものを持っている、ということでもあると思います。

世界大会の放映だと
日本のトップクラスの選手ばかり見ることになるので
なかなか裾野の広がりを知ることができないんですね。
本当に日本のフィギュアのレベルって高くなったんだと
しみじみ思いました。
若い世代がどんどん花開いてきているんだものね。

でもこうしてトップレベルの選手とまだそこまで届かない選手、
そしておそらくは届くことのないであろう選手を同時に見ると
かなり早い段階でその差が顕れている気がする。
技術もそうだけど、やはり姿形というのも要素として大きい。
こればかりは神様からの授かり物なので
それだけでもすでに選ばれているということになるんだろうな。
理不尽かもしれないけど、フィギュアは見た目も重要なのだ。


それにしても、今回は浅田真央の置かれた状況が
ワイドショーが涎を流して飛びつくようなものだったし
放送がブチテレビだし
骨までしゃぶり尽くすんじゃないかと不安だったけど
それに関してはちょっと避け気味でした。
さすがにちょっと自重したのかしら。
でもね〜・・・相変わらずトホホな実況です。
「春奈」という名前の選手が滑る曲が「四季」の中の“秋”だからって
  「春奈の滑る秋です!」とか
  「昨日はクリスマスイブ、そして今日はクリスマスブイ」とか
実況ってこういうことを言わなくてはいけないんでしょうか???
しかも、声質が高めのアナウンサーなので耳に障る。
コクブンくんにもそろそろフィギュアから勇退して欲しいものだ。
でもそういう無駄な部分はだいぶ聞き流せるようにはなってきましたよ、
おかげさまで・・・・・


次の浅田真央の舞台は世界選手権。
フィギュアスケートの神様に愛された選手として
さらなる別次元に誘ってくれることを祈るファンなのでした。
by quilitan | 2011-12-26 00:56 | 見る | Trackback | Comments(2)

百射会

読んで字のごとく・・・“弓を百本射る会”。

私の所属する市の弓道連盟で毎年年末に催されます。
今年で2度目の参加。
朝9時から射始めて、休憩や昼食を挟みつつ終わったのは夕方6時。
a0105480_015195.jpg



はい、100本完了です。
成績は、まあ聞かないでね、というレベルではありますが
達成感だけは充分。
とりあえず締めは中ったので、それもまあ満足かな〜。

お蔭で本日はだるだるの筋肉痛です。
とほほ==!

クリスマスとは全く縁のないお題でございます。
by quilitan | 2011-12-25 00:20 | 弓道 | Trackback | Comments(0)

しちなのか

12月20日はリッちゃんの四十九日。
遠い昔のことのような、つい先日のような・・・
リッちゃんに対する時間の感覚は
相変わらず伸び縮みしているような感じですが
まずは最初の区切りです。

色々助けてくれた方々へ
ささやかですがお礼をさせて頂きました。
せっかくだから猫がらみで・・・と思い
あれこれネットで探しているうちに辿り着いた、とあるカフェのページ。
しかも、ご近所。

これはぜひ行ってみなくては!

   errant's cafe

畑と林と点在する住宅の中に埋まっているそこは
ほんとに小さいのですが
ケーキもお菓子も全てオーナーさんが一から作っているそうです。
クリスマスケーキの苺も摘んでくるとか・・・

HPに動物の形のお菓子が載っていたので
猫型はありますか、と聞くと
私の希望のものを作ってくれるというじゃないですか!
型がないような無茶な注文でなければ、オリジナルで作ってくれる、と。

  「茶色に白のにんにく型マズルのねこ」 と
クッキー・マカロン・マドレーヌ取り混ぜて
全てリッちゃん仕様でお願いしました

で、できあがったのがこちら。
a0105480_081242.jpg

(私は現物をちゃんと見ていないので写真は拝借〜)


・・・かわいい〜〜〜・・・・・


ちなみに私がその時買って帰ったマカロンたち。
a0105480_083958.jpg

金魚袋っていうのは新鮮だ。

a0105480_091637.jpg


そしてシュークリームならぬ「ちゅーくりーむ」
a0105480_093526.jpg

ハリネズミ型のシュークリームです。
すごくシンプルで、甘さをぐっと抑えたクリームなので
結構量が入っているんだけど重くない。

今度はぜひカフェのパンケーキを食べに行こう。

ちなみに店長は黒猫さんだそうだ。
by quilitan | 2011-12-23 00:19 | | Trackback | Comments(2)

最初の日本

我が家は一軒家なのでベランダに上がっても遮るものが多いけど
マンション高層階からはこんな絶景が。
a0105480_06626.jpg


冬は空気が澄んでいるので
遠くの景色がキレ〜〜イに見えますねえ。
a0105480_061277.jpg



遠く富士山が見えるといつも思い出すフレーズがある。

     ああ 最初の日本 薔薇の山巓

中学の国語の教科書に載っていた、
草野心平の詩の一節だったと思うんだけど・・・あやふや。
でも、確かに日本で最初に日輪を仰ぐのは
最高峰の富士山なのでした。
拝む気持ちが分かります。
by quilitan | 2011-12-21 00:02 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

いっしょ

a0105480_20185238.jpg

寒梅さんにお願いして作ってもらいました。

a0105480_2021464.jpg

小さなピルケースを入れて
胸からぶらさげられるようになっています。


このピルケースの中には
・・・リッちゃんの牙と爪のお骨が入っています。
お骨を拾う時に、あまりに綺麗な形で残っていたので
取っておかずにいられませんでした。
お骨はお骨でちゃんと置いてあるんですけどね。

脱走して行方不明、というのは考えられたけれど
まさか病気で、しかもこんな急にいなくなるなんて
想像もしていなかったので
認識すべき現実と感情の折り合いがまだしっくりきてません。
リッちゃんがいたことさえ幻だったかのように思うこともある。
キナの時にはこんなではなかったんだけどねえ・・・


ペンダントだからといって、いつも肌身離さずにいるとか
こんな小さな欠片に寄りかかって
感傷にひたるつもりはないのです。

ただ  いつも一緒だよ  という気持ちだけ。
by quilitan | 2011-12-18 21:00 | | Trackback | Comments(2)

ぶらり乗車前の旅

先日のんたん・kirinさんと訪ねた地元パワスポ
あまりにお天気がよいので
仕事場に向かいがてら、もう一度ぶらついてみることにしました。

a0105480_23224385.jpg

出世稲荷の銀杏はまだまだ絶賛黄葉中!
先日と同じでは芸がないのでちょっと裏道に潜り込んでみました。
青空に黄色が映えること。

こちらはもう言わずもがなのわが街のシンボル。
a0105480_232257100.jpg


裏から見た、こちらもシンボル「サイタマR銀行」
a0105480_2323620.jpg


この道は、メインの観光通りから
ほんの2本ほど内側に入ったところですが
晴れた土曜日の昼間、表通りの賑わいとはうってかわって
ひっそり住宅街の佇まい。
実は私も初めて歩いた次第・・・

で、こんなところにあったのね。
「旧 山崎亭別邸」
a0105480_2323328.jpg


R銀行の建物と同じ建築家の設計らしいです。
土日・祝日のみ、庭園を無料公開してます。
せっかくだから・・・
a0105480_23231881.jpg

おお〜〜、懐かしい感じの洋館!
紅葉がこれまたいい見頃!

「別邸」なだけに、そんなに広い敷地ではないけど
余裕がある生活、っていう感じの気持ち良さがある。


a0105480_23245918.jpg

紅葉は上ばかりではないんですよ〜。

と、そこににゃんこ登場。
a0105480_23255682.jpg

毛並みの綺麗な、上品なこやつはやけに場馴れた感じで
散歩から戻ったよ、とでも言っているような様子。
猫を見ちゃったら、もう被写体はそっちでしょう。

にゃんこ先生は気ままにあちこち覗き見しつつ立体移動。
a0105480_23261013.jpg

a0105480_23263732.jpg

a0105480_2326491.jpg

猫ストーカーを見下ろして
屋根の向こうに消えていきました。

お天気のいい日はちょっと立ち寄ってみるといいですよ、ここ。

締めは〈蔵里〉の 「麹甘酒入り杏仁豆腐」
a0105480_2327457.jpg

酒粕のモニョッとした口触りが美味いね!
お土産屋さんのカフェとしてはかなりいいぞ。


こんなのほほん気分で、お仕事に入ったのでありました・・・・



でも、お仕事場にもオアシスがあったよ。
a0105480_2357245.jpg

by quilitan | 2011-12-18 00:00 | わが街 | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き