マイ・バック・ページ

「全共闘」とか「左翼」とか、言葉では知っているけど
実態が何なのか全然分かっていない私が
その時代のど真ん中を感じることが出来るのか、
実話ということも相まって、入り込めないのではないかという危惧もあり
でも監督は私よりも年下だし・・・などと思いつつ鑑賞。

そこは、ちゃんと映画。普遍性のある作品になってました。
過去を振り返るものでもなく
当時にどっぷりのめり込むでもなく
「いま」として見ることが出来る作品になっている。

考えてみればあの60年代から70年代にかけてはちょっと異常だったんだ。
そういう特殊な熱気を差し引けば
いつの世でもああいう人たちがそこここにいる。
でも今、震災という価値観を一変させる状況にあっては
むしろあの特殊性に近いものがあるといえるのかもしれない。
誰に怒りをぶつけたらいいのか分からない、叫びたいような衝動を
みんなが抱え込んでいるという、きな臭い空気は同じ。

それにしてもいい役者が揃ってました。
妻夫木聡と松山ケンイチの若造二人の浮遊感と
周りの先輩ジャーナリストの煮しめた昆布のような濃厚さが
それはもう見事に対比して素晴らしい。
特に妻夫木演じる主人公の直の先輩をやった古館寛治という俳優さん、
一番印象的だったなあ。
往年の名刑事ドラマに出ていそうな
肝の据わった面構えがぞろりと揃うのはいいもんだ。

妻夫木聡は、やはり「悪人」で化けたと思う。
そんなに作品見ているわけではないけど
やっぱりちょっとアイドル俳優的なイメージが強くて
あまり役者として興味が持てなかった。
でも今回の作品を見て、別に何か過剰にやるわけでもないけれど
“男”を演じられる俳優になってきたんじゃないかと思えました。
ラストでは思わずもらい泣きしそうになりました。

  このラストシーンには、個人的にもちょっと興味がありまして・・・
  同じ山下監督の「天然コケッコー」のメイキングで新人の若い主演二人が
  あるシーンでセリフに頼らない芝居を求められて
  それはもう何度も何度もダメ出しされていたのをふと思い出してしまった。
  妻夫木聡がこのラストの涙を演じた時どうだったのかなあ、なんてね。



松山ケンイチも、役がぴったりはまってた。
最近たまたま読んだ、藤原新也という人の散文の一節に
こんなのがあって・・・

   口がとんがっているのは冗舌であり、人より先に口先が回るということである
    (「丸亀日記」藤原新也 :朝日新聞社 刊)

まさに松山ケンイチが演じた人物がこれ。
そして映画の中で彼だけやたら食べるシーンが出てくるんだよね。
しかも結構それが口が汚いというか・・・
彼の顔のシルエットがとても特徴があるので、そのえげつなさが増幅される。
監督は容赦ないですね。
でもそれは、
漫画の主人公という、デフォルメされた人物ではないからこそであって
こういう人物が演じられて「曲者」の役者になっていくんだと思うのです。
松山ケンイチは、「デスノート」のLでの印象が強すぎたせいか
その後も漫画原作の作品ばかりで
初めてまともに俳優として見た気がする。
ピンで主役をやるより、主人公に絡む、クセのある役が合うと思った。
存在感があるから、主役を食いそうな感じがまたいいんでしょう。


あの時代をリアルに知っている人も
そうではない人も
気持ちを共有できる映画だと思います。
どんなに尖った時代にあったって、99%の人間は尖ったままでは生きられないんだ、
ってね。
by quilitan | 2011-05-31 22:48 | 見る | Trackback | Comments(0)

「鈴木先生」面白いなあ

こうも気持ちよく軌道を外してくれるドラマって最近ないですね。
言ってることはすごくまともで、ド真ん中真っ直ぐストライクなのに
毎回「そうくるか!」な展開。
しかも生徒たちが揃いも揃ってみんな巧いんだなあ!
配役も妙なら演じる方も期待以上にやってくれている感じ。
さらに“あの”冨田靖子の存在も欠かせません。
随分前ですが、「昔の男」というドラマで
ものすごい女を演じた冨田靖子が再び降臨だ〜〜!


で、コンビニで総集編本があったのでちょっとだけ立ち読みしました。

すいません、ドラマの方が好みです。
これは料理上手なドラマですね〜。
by quilitan | 2011-05-30 23:20 | 見る | Trackback | Comments(0)

映画とか漫画とか

「ブラック・スワン」の映画レビューをつらつら覗いてみた。
私は面白く見たんだけど
バレエ映画ともホラーともサイコスリラーとも言えるような作りなので
評価が見事にばらけてる。
その中で、何人かが同じような表現を使っているのが引っ掛かった。

「この映画は30年前のバレエ漫画」(トゥシューズに画鋲の世界)
「これは少女漫画」

いずれも、バレエを実際にやっている人、
或いはバレエダンサーが身近にいる人のレビューで
評価は下。
曰く、『バレエはこんなもんじゃない。バレエを愚弄している』
確かにプロから見たらそうなのかもしれない。
憤るのはバレエへの愛ゆえでしょう。
そんなプロフェッショナルの厳しい眼を持つ人が
“まるで30年も前のバレエ漫画のように”バレエを貶めている!  と
蔑むものとして平気で他の表現手段を引き合いに出す。

  それに、トゥシューズに画鋲は30年前じゃない、40年以上前の漫画だ。
  その10年余の漫画の進歩はめざましい物があるんだけどなあ。



ただ、実を言えば私も「アラベスク・第二部」を彷彿とさせながら見ていたので
「少女漫画」という言い方を否定はしません。
むしろ、人間の考えることはあまり変わらないものなんだと
妙に感心したくらいです。

「男目線のエロいバレエ映画」ってのもあったけど
男の監督が撮ってるんだから男目線に決まっているじゃないか。
その道のプロから見たら、腹に据えかねる描写があったのかも知れないけど
それは「つまらない映画だった」といえばすむことだ。
これは、バレエのドキュメンタリーでも何でもなく
『映画』という表現手段を使った作品であって
「これを見てバレエを知った気にならないで」というのは
ちょっと違うんじゃないか。
バレエは題材であり、それを元に物語を作り、そして作品を創り上げる。
作品のリアルというのは「本物」のことじゃなくて
「本物らしく見える」こと。
バレエの映画だからってバレリーナを主役にすれば出来るという訳じゃない。
演じてナンボ、の世界です。


そもそも、映画や漫画を見ただけで
「あ、この世界ってこういうものなんだ」と分かった気になってしまうのは
作品の責任じゃない。
現実と虚構世界を区別できない方に問題があると思ってます。
by quilitan | 2011-05-28 00:34 | 考える | Trackback | Comments(2)

ブラック・スワン

「レスラー」の監督作品です。

バレエシーンがものすごくリアルだからこそ
すべてが成功している映画になった。
ホラーじみたり、妄想と現実が入り乱れるような描き方にしても
主人公の苦悩が本物なので納得できてしまうのだ。

それにしても主演のナタリー・ポートマンの身体改造はすごい!
本当にバレリーナの筋肉だった。
肩胛骨とか首筋の、瘤だらけのような緊張した筋肉。
こういう所はなかなか日本映画では真似できない部分かもしれませんね。

そして圧巻の「黒鳥」のコスチューム!
あれカッコいいです。
本物の「白鳥の湖」でもああいう衣装でやれないものかしらね。
ちょっとケレン味がありすぎてダメなのかな。
顔にチュールなんて被ってたら32回転は踊れないかな〜。


私は「レスラー」と今回の作品しか見ていないけど
欲張らない映画を作る人だと思った。
あれもこれも詰め込まない、言葉では語らない。
映画で見せるという基本に忠実だと思う。
結構過激な描写もするけれど
最後の落としどころで、ちゃんと解放してあげるあたり
芯が優しい気がするんだよなあ。
そういうところも含めて私は好きです。
by quilitan | 2011-05-26 18:54 | 見る | Trackback | Comments(2)

   あ、こういう感じ知ってる

本、絵、映画、ゲーム・・・
そこに描かれた世界観や雰囲気にそう感じることがままあります。
頭のてっぺんから小さな匙を入れられて何か掬われたような感覚。
既視感と言うより、既知感という方が近い。

数年前に深夜枠でやっていたオリジナルアニメ
「ファンタジックチルドレン」の世界もそうだった。
純然たるファンタジー。
あの時間帯にオリジナルで勝負するだけあって
とてもきちんと作られた作品だった。
素人が流行だけ取り入れてにわか作りしたようなものとは深さが違う。
その分複雑で分かりにくいけど
わかりやすさに馴れることは決して良いことではないと
教えてくれる作品でもあった。

ただ・・・もうほんっっとに個人的な好みなんですけどね・・・

   絵がもう少し私のツボだったらば!!!

なのでソフトを揃えるという所までは行かなかった。
もちろん全部が全部ダメなわけではないんですよ。
 ここがほんのちょっとこうだったら!
 ここがほんのちょっとこうじゃなかったら!
・・・そんな小さな部分が痛いのである。
作品が気になるだけに余計に。

それでも何となくずっと引っかかっておりました。
そんな折り、この作品のOSTを借りて聴いたら
やっぱりもう一度ちゃんと見て確かめてみたい気持ちがむらむら・・・
じっくり見ないと、自分がどこに引っかかったのかわからない。

そんなわけで久々にオークション発動。
レンタル落ちですが、そこそこきれいなのをゲットしました。
中身が見られればいいので、ケースの焼けとか気にしない。
これで深層部分へダイブする感覚を味わおうと思います。

しかし・・・アニメはやっぱり絵も命・・・・・
by quilitan | 2011-05-24 22:39 | 見る | Trackback | Comments(2)

蕎麦屋へGO!

毎度おなじみの 鷹や で
皐月メニューを戴こう!の日。

a0105480_1949433.jpg

はらぺこあおむし4人組は、まだお店が開く前から
駐車場に屯ってます・・・

まずは・・・お酒ですね。大人ですも〜ん。
ありがたくもドライバー様いらっしゃるんですも〜〜〜ん♬
利き酒参種。
a0105480_19491736.jpg
一度も飲んだことのない銘柄を当てられる訳もなく
要するに色々飲んでみたかっただけです、はい。
取りあえず、グラス9個の壮観。

ほどなく、皐月メニューが卓上に揃います。
a0105480_19493047.jpg
               焼き空豆

a0105480_19493977.jpg
               若筍の煮物

a0105480_19495062.jpg
               白エビの唐揚げ〜・・・酒に合いすぎてお代わり。
a0105480_1950250.jpg


a0105480_19501479.jpg
               筍の田楽。
緑の方、木の芽味噌がこれまたあまりに美味しすぎて
残しても良いような筍の先っぽで浚って戴きました。
ええ、美味しいものは残しませんよ!

ここからは皐月限定外のメニューで
a0105480_19502595.jpg
               地元の椎茸の天ぷら

a0105480_19503667.jpg
               豆腐はお塩で戴き

a0105480_19504852.jpg
               ホタルイカの沖漬けもぺろり。

締めは勿論、せいろでキュッ!
締めの締めに「揚げ蕎麦がき団子・黒蜜きな粉ぞえ」
a0105480_1951038.jpg


アクセスが今ひとつ不便なのがネックの鷹や、
ドライバー様がいてこその美味美酒三昧です。
いつもありがとーございます〜〜!

水無月のメニューは何かしら・・・
by quilitan | 2011-05-23 21:58 | 食す | Trackback | Comments(4)

“ひらき” 始めました

a0105480_10494397.jpg
              これも季節の風物詩。

a0105480_1050583.jpg
               中でも外でもまぐろがごろん。
by quilitan | 2011-05-22 10:52 | | Trackback | Comments(2)

もしかしたら

原作はイケてなかったけど
もしかしたら映像にしたらいいのかもしれないと
ちょっとは思った刑事物の2時間ドラマ
「刑事・鳴沢了シリーズ」

お気に入りの勝地くんも秀爺も出てるし
期待しちゃったんだけどねえ。

でもやっぱりダメだった。
どうもこの作家の描き方が私と合わないのだな。
ひとことで言えば安直。
やたら複雑で入り組んだ背景をくっつけただけの、安直。

そんなに人を殺すな。
by quilitan | 2011-05-20 22:56 | 見る | Trackback | Comments(0)

今年の芍薬

2輪、咲きました。
a0105480_1618199.jpg


多分、こういう大輪ものはちゃんとお手入れしてあげないと
いけないんだろうけれど
いかんせん、ノットグリーンフィンガー!なので
せいぜい花のあとのお礼肥くらいしかやってません。
それでも毎年何とかきれいな花を付けてくれる
良いやつです。
a0105480_16181085.jpg
         美しいわ〜。
by quilitan | 2011-05-20 16:20 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

ういヤツめ

一週間越えて家を空けた仕事から戻った夜、
寝る前のパソコンタイムでリラックスしていると
ふ と腰の辺りにコソッと触れるものがある。

リッちゃんが、ヒップ トゥ ヒップ でリラックス。
a0105480_20545369.jpg



   かわいい・・・!!!

この、触れるか触れないかの位置づけが
何とも愛おしいじゃありませんか。

これだから猫はやめられません。
by quilitan | 2011-05-19 21:02 | | Trackback | Comments(2)

猫と雑文ときどきお絵描き