やっぱりやりたい放題

        ・・・のヤツ
a0105480_1664636.jpg



テーブルの下に敷いてあるホットカーペットが
・・・というか、正確にはホットカーペットカバーが
たんごの標的になったことは以前にも書きました。
怪しい素振りを見つけられてはソッコー怒られて
渋々いつものカーペットで用を足すたんご。

でも最近はあまりカーペット周りでウロウロすることもなく
こちらも安心していたのですが
この数日来、また何やら不穏な動きをしているのを母が目撃している。
でも、テーブル下を覗いても何も変わったことはない。
   いくらカーペットが茶色だからって
   いくらシャギー調で毛足が長くたって
ウンが転がっていたら分かるってもんですよ。

・・・・分からなかったんだよね・・・・・

うちは毎日まめに掃除機掛けたりしない無精な家族でして、
数日ぶりに掃除機動かしていた母が「☆※××!!!」

シャギーの上に転がっていた同色のものを掃除機が轢いてしまったらしい。
できたてのほやほやではなく、
「昨日は2階でやってた」というから一昨日の・・・?
まんまとやられて、しかも2日も気付かなかった私たちって・・・・・・・・

一度やられるとこれはもうたんごの勝ちなんだよね・・・。
ホットカーペットは既に片付けてカバーだけになっていたのだけど
季節も暖かくなったことだし、カバーもしまいましょう!
とテーブルをどかしてたたもうとしたところ、

化石状のものが・・・・・・・・・・・

これは一体いつのだ!????
ちょっと前、ホットカーペットの本体を外すのに動かした時は何もなかった。

そういえば、1週間くらい前に母が「たんごのウンが2日くらい出てない」と
心配していたことがあった。
食欲も元気も問題なかったし、お腹が張っている様子もないし
おかしいとは思いながらもビオフェルミン飲ませてみたり
CATLAX舐めさせたりしたらその後出て安心していたんだけど・・・

その「出てない」間の2回分に違いない〜!!



シャギーの中にしっかりめり込んでたソレ。
たとえ洗ってもこのシャギーの味を覚えた以上、またやるね・・・ということで
カバーはサヨウナラとなりました。

たんご先生の圧勝です・・・・・
by quilitan | 2011-04-30 16:41 | | Trackback | Comments(0)

前倒しバースデイ

いつものメンバーに、今年は「藤の鉢植え」をお願いしました。
ただ、ホントの誕生日まで待つと花が終わってしまうので
ひと足お先に頂いております。
蕾で届いた鉢も、この1週間で咲いてきました。
a0105480_15381113.jpg


一緒に植わっている苧環とヒナソウ(ではないかという話・・・)も
きれいに咲いてます。
a0105480_15381864.jpg
苧環って好きなんだよね〜。

今はまだひょろひょろだけど
a0105480_1539289.jpg
丹精して育てなくっちゃ。
夢は藤棚です。

そして、今回の誕生会は駅近の居酒屋で。
a0105480_1538359.jpg

出雲旅行ですっかりノドグロにはまってしまった私たち、
「山陰」の文字に惹かれて選んだ店ですが
残念ながら昨日はノドグロはなかった・・・。
アゴ出汁のだし巻き玉子は美味しかったなあ。


こうしてまた一つ年を取るのでありますね・・・ふう。
by quilitan | 2011-04-30 16:00 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

浮かれとんび

これぞ春、というほどに陽気が良かったので
投票に行きがてら、街の中心まで自転車に乗って行って来た。
日帰り観光地としてそれなりに頑張っている我が街、
日曜日はさすがに人出も多い。
こんな日は、外が気持ちいい。

ソメイヨシノはすっかり葉桜だけど
所々でハナミズキとか菜の花とか、八重桜も今が満開。
a0105480_1638461.jpg


八重桜は、桜並木を作るほど多く植わっていないけれど
その分、あちこちに1本2本とあって目を楽しませてくれます。
美味そうだしね・・・

お昼は、ちょっと路地に入った小洒落た蕎麦屋を試してみたけど
うーん、まあ可もなく不可もなくデシタ。
地元探索はまだまだ道のりが長いぞ。
by quilitan | 2011-04-24 16:52 | 雑録 | Trackback | Comments(2)

だらだら

NHKBS で「新撰組血風録」が始まった。
おお、それに手を出すのか、どれどれ、と期待して見た。
・・・腰が引けているように見える殺陣があまり美しくなくて
ちょっと興醒めしたので
久しぶりに司馬遼太郎の原作を読み直す。

せつない。
シバリョウさんの文章は、情に流されるているわけでもないし
細かい描写に拘ったりするわけではないのだが
その筆捌きに妙に艶めかしさというか、生気がある。
変なたとえをすると・・・
先日庭にヒヨドリの羽がばらばらっと落ちていた。
多分、野良の誰かが挑んだんだろうね。
その散らばった羽は、明らかに鳥の残骸であるのに、
ぱっと見る分にはふわふわしてきれいなのだ。
その間の「こと」は想像するしかない。
そういう「熾烈な現実と、遺されるきれいなもの」が
司馬さんの小説の中には見えて
その落差が切なくて泣けてくるのです。

「血風録」を読んでいると、頭に浮かんでくるのは
木原敏江(当時は木原としえ)さんの「天まであがれ!」。
ついでにこちらも読み直す。
・・・泣けた・・・
切ない物語を描かせたら、この人の右に出るものはないと思ってます。
何となく心が鬱屈して、浄化されたい気分の時には
木原さんの作品を読む。
言葉が多くて、絵柄もちょっとクセがあるので
今どきは読みにくいと思われる節もあるようだけど
私が洗礼を受けた時代の少女漫画って、そういうものだった。
いま、ここまで響く作品を描ける作家がどれほどいるんだろう。

まあ、好みはひとそれぞれ、ですけど。 ね。
by quilitan | 2011-04-23 22:42 | 読む | Trackback | Comments(0)

チャレンジャー・コビ

朝6時半、電話が鳴る。
すわ、家族に変事か!?と思いきや、お隣さんだ。

「タマちゃん(隣ではコビの名はタマ)が、
夕べからずっと鳴き声が聞こえてたんだけど
○○さんの家の屋根に乗って降りられないみたいで・・・」

ご近所さんだからいいか、と寝間着姿ではす向かいの家の前に行くと
1階部分の屋根の上に、いるいる。
情けなさそうな声で鳴くコビ。
傍にある木を足場に登ったはいいが、降りるに降りられなくなったんだね・・・
アホだねえ・・・!!
そういう時のネコは腰が引けてしまって
呼んでも鳴くばかりで動かない。
すると、そこの家の奥さんが丁度出てきて事情を話すと
「道理で昨日からネコの鳴き声が・・・」
申し訳ありません・・・うちの飼い猫じゃないけど・・・

まあお天気も良くなったし、もう少し様子を見て
あとでそこのご主人に梯子掛けてもらいましょう、と相成りました。

それから小一時間も経たないうちに
何だかすごく近くでコビの声がする。

庭を見れば・・・ご飯食いに来てるし!!!

どうもちゃっかり自分で降りてきたらしい。
朝もはよから、なんて人騒がせなネコなんだ〜〜!!
おかげで久しぶりに早起きをしたワタクシ、車洗ってしまいました。

腹一杯で寛ぐコビよ・・・
可愛いと言えば可愛いのだが・・・少しはもちつけ。
a0105480_1317760.jpg

by quilitan | 2011-04-20 13:32 | | Trackback | Comments(0)

わざとだよね〜

a0105480_13591813.jpg

a0105480_13592489.jpg

a0105480_13592422.jpg

a0105480_13593114.jpg

a0105480_13594056.jpg

a0105480_13595321.jpg


お布団が2階に移動したあと
そこではトイレをしなくなってしまったから
わざわざ元の場所に「たんご専用」をしつらえたのに
・・いまさら・・・?

そして・・・

何でハート型!!???
a0105480_140946.jpg

by quilitan | 2011-04-19 14:07 | お絵描き | Trackback | Comments(4)

本来のオアシス

つらく、苦しい道のりの途中にある命の泉・・・それがオアシス。

ということで、最近ご無沙汰のオアシスお仕事中のひとときの憩いを
ご紹介いたしましょう。

a0105480_21514029.jpg
見た目のシンプルさに惑わされちゃ行けないチョコレートケーキ。
中にはキャラメルソースがとろ〜〜り・・・
チョコレートの濃さ甘さもたっぷり!


a0105480_2151474.jpg
彩り豊かなお花見団子シリーズです。
日本の食べ物ってホントに綺麗だよなあ!と惚れ惚れする一瞬。

a0105480_21522932.jpg
きな粉がうまかったよ〜〜。
団子もコシがあって柔らかくて・・・
一串に4コというサイズがまたそそるんです。


a0105480_21515457.jpg
こちら、お茶のケーキ。
こってり、濃厚なお茶の味と甘さに
疲れた脳味噌が大喜び。


そして、疲れた脳味噌と体に養分補充、ということで
a0105480_2152527.jpg
鰻会席いただきましたっ!
奥のお作りは桜鯛。花見の席のようですね。
他の皆様が懐石を召し上がる中、とっても鰻が食べたかったのでした。
ご飯に最初からタレがうまく絡んでいるので
タレでしょっぱくならずに美味しく食べられるのは嬉しいね。


味覚前線はただいま春真っ盛りです。
美味しいものがお腹いっぱい食べられることの幸せをかみしめる
今日この頃・・・・・
by quilitan | 2011-04-16 22:05 | 食す | Trackback | Comments(3)

SP〜革命篇

さすがに春休みでレディースデーは混んでました。
映画も久しぶりの気がします・・・

前回の野望篇が結構小振りだったのでおやおや、と思ってましたが
さすがにこれはドンと来たね。
野望篇はちょっとオマケって言うか
宣伝用って言うか・・・?
オッサンたちの怒濤のアップもますます重量級です。
途中、「これってさあ・・・」と突っ込みたくなるような展開も
ちゃんと劇中で突っ込んでくれるというそつのなさ。
巧いですね〜。
しかも結末がまた再展開しそうな雰囲気もありで
更に続編ありですか・・・?
まあ、もしあるとしてもまた観に行くだろうな。
軽さに逃げない、映画巧者の作品だと思います。


「軽蔑」のチラシがあったので貰って来た。
映画と小説は別物と分かってはいますけどね、
公開前にまた読み返そうと思ってます。
by quilitan | 2011-04-06 21:03 | 見る | Trackback | Comments(4)

花も団子も

やっと春らしい陽気になった一日。
よそのブログで紹介されていた枝垂れ桜を見に行くことにした。
多分・・・自転車で30分もあれば着くだろうと踏んで出発。
お天気いいし、気持ちいい〜〜。
途中の畑地にはモモとレンギョウが満開。
a0105480_2192617.jpg


川越市、とひとくちに言っても広いです。
こんな所があるなんて全然知りませんでした。

   明見院 というお寺です。
枝垂れ桜の大木が一本、今が盛りの花の瀧。
a0105480_21305625.jpg

a0105480_2122277.jpg

a0105480_21302429.jpg

a0105480_21291413.jpg

a0105480_21114157.jpg


眼福です。
今年ほど、目に映る美しいものが有り難く思える年はないかも知れない。


さて。
往復1時間余のサイクリングの間
家ではあるものが働いていたのです。
それは・・・・・
ゴパンだっ!!

そう・・・アバウトなO型気質の犠牲となり
苦いデビューとなったゴパン君ですが
やっとデジタルスケールと温度計を手に入れ
リベンジに燃えて仕込んでいったのでした。

家に戻ると発酵が始まっている。
・・・おお?おおおお??
前回とは比べものにならないくらい膨らんでいるぅ〜〜!

出来上がり〜〜!
a0105480_21112128.jpg
a0105480_2111152.jpg
a0105480_2111258.jpg



フワフワだよ〜〜〜!!

焼きたてはそのまま食べるのが美味しいと思いますが
ある程度冷めたら、焼くととっても軽いんです。
ああ、やっと本来の機能を果たせました。
また作っちゃうぞ〜。

ちなみに当節気になる電気代は、
まあ電気ストーブの弱を4時間点けっぱなしにさせて頂くレベルかと・・・
すいません。
by quilitan | 2011-04-05 21:44 | 雑録 | Trackback | Comments(11)

ロボットの出番

いつまでも原発の状況がが収まらないですね。
後手後手の対応や、真摯さの伝わらない記者発表や
公開される情報の胡散臭さに
澱のようにイライラが溜まります。

そしてそれらと反比例するように現場作業をする方々が
過酷な労働を強いられているんですよね。

    そういうことってアシモくんにお願いできないものなのか?


人間が活動できない場所で作業が出来るように
ロボットが開発されてるんじゃないのか?
日本の技術力ってそういう所にあったのではないのか?
アシモがあまりにも人間くさいもので
つい「アシモが死んじゃう」とか口走ったりもするバカな私ですが

アシモが束になって原発に入って行って
放射線を気にせずに作業をする図を想像したら
手塚治虫の「火の鳥」に出てくるロビタを思い出してしまいました。
by quilitan | 2011-04-04 22:28 | 雑録 | Trackback | Comments(5)

猫と雑文ときどきお絵描き