<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

あれれ・・・?

午前中のエキシビション生中継は
津波がらみで集中していなかったので
今改めて見ているのですが(画面の津波情報は仕方ないね)

エキシビションてこんなでしたっけ?

始めと終わりだけならわかるけど
演技の合間に、こんなにちょこまかと余計な演出入れてましたっけ?
あまりそういう記憶ないんだけど・・・覚えてないだけ?

メダル順の滑走じゃないというのは
別に良いですけど
何も開会式か閉会式みたいに凝らなくてもいいよ〜。

もう高橋も真央ちゃんもプルシェンコも滑ったし
今回ちょっと気になったイタリアのアイスダンスペアも見たし
個人的に閉会です。
by quilitan | 2010-02-28 19:48 | 見る | Trackback | Comments(0)

あ、あれ・・・?

フィギュアスケートのエキシビションは
いつもワクワク。
点数出すのに精一杯の競技と違って
「らしさ」が前面に出る演技が見られるのがエキシビション。

そう思ってたんだけどなあ。
・・・何だか盛り上がりきれないまま
あっさり終わっちゃった。

画面の半分を津波情報に持って行かれてしまったから?
メダリストには付きものだったアンコールもなかったし
そりゃ毎回やることは決まってるけどさ〜・・・
なんだろなあ。
トリノのエキシビションの方がお祭りっぽくて良かったな。

フィナーレも、歌手をアップにするより
スケーター映してくださ〜い。
by quilitan | 2010-02-28 12:19 | 見る | Trackback | Comments(0)

その他

フィギュアが終わって心は既に閉会してしまった
バンクーバー五輪。
それでもTVを点ければまだ放送中。
競技中継はうるさくないので
だら〜っと点けっぱなしにしていたら
意外にも見入ってしまった。

ボブスレー4人乗り。
a0105480_186795.jpg
氷上のF1てこれでしたっけ?
マッチョなオッサン4人、この小さな高速そりにぎゅむぎゅむに乗り込んで
ひたすら氷の坂を滑り下りるというものなんだけど
何だか見てしまうのね〜。
時速70キロ近くですっ飛んでいくので
それなりに技術が必要のようですが
この単純なスピード感が結構イケます。
もやもやした気分になりようのない明快な競技っていいね。
by quilitan | 2010-02-27 18:10 | 見る | Trackback | Comments(0)

得心

すみません、悪意はありませんが
善意もありません。そんな独り言です。

公平に見てキムヨナの金メダルは至極妥当です。
ミスがあって逆転したらそれこそ八百長です。
第一、ミスのない演技こそが浅田真央にとっての金メダルだったろうから
あの失敗をした時点でいずれにしても金メダルは消滅です。

では、金メダルが確定しながらも
なぜあんなとんでもない高得点がキムヨナに出たんだろうと
それだけが不思議でならなかったんだけど・・・
勝手に納得してしまいました。

あくまでも私見ですから
by quilitan | 2010-02-27 14:06 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(2)

この雨は

真央ちゃんの涙雨・・・。

演技の後のインタビューで見せた涙に胸の痛む思いでした。
見ている方もホントに悔しかったけど
自分自身が一番悔しくてたまらないんだろうな・・・。
トリプルアクセルがあんなに綺麗に飛べたのに
日頃あり得ないようなジャンプミスが出て
「持てる力を100%出し切りたい」と常に言っていることが
果たせなかったのはアスリートとして痛恨の極みでしょう。
私ら凡人には計り知れないほどの。

勝ちに行って、そのままそつなく逃げ切ったキムヨナに対して
ミスが出た時点で、浅田真央の逆転はないとは思ったけど
それにしてもキムヨナ!
勿論パーフェクトでした。でもね、でも・・・・
昨日と言い今日と言い

ホントにどうしてあそこまで点が出るかなあ!!!

浅田真央の直前に世界最高得点とでどよめくシナリオに
裏を感じてしまうのは負け惜しみ?
世界最高の演技という評価が解せないのは
私が心の狭い人間だからでしょうか。
そりゃ確かにキムヨナおめでとう、敵ながらアッパレ、
なんてことは言いませんけどね。

浅田真央の失敗ジャンプは3回転が1回転になったところで
約マイナス4点、そこに更に出来栄え点というあやふやなモノで
差し引かれたとしてもせいぜいマイナス5〜6じゃないの?
キムヨナ女王さまと20点以上開くってどういう事?
トリプルアクセル2回も決めてジャンプ以外のミスもなくて
3位になったマッチョ姉さんの演技とほぼ同じ点数って
・・・・どういう事よ!!???

結局こんな声は
「悔しかったら勝てばいいこと」と言われて
おしまいになってしまうんだろうけどね。

銀メダルでも、銅メダルでも良いから
笑顔の真央ちゃんが見たかった。
でもきっとこれからも素晴らしい選手でいてくれることでしょう。
勝ちに行って勝つ選手ではなく
己の道を全うして頂点に立って欲しい選手です。
by quilitan | 2010-02-26 17:02 | 見る | Trackback | Comments(5)

どれが似てる?

女子フィギュアのフリーを明日に控えて
ちょっと一服(毒盛り?)

キムヨナ=朝青龍(オカメ使いさん説)
鈴木明子=江利チエミ(うちの母説)
     草間彌生
長洲未来=北陽のあぶちゃん。笑うとそっくりだと思った。

素顔を一番見てみたいのも長洲未来。
いろいろな意味で16歳とは思えません。
育った環境は血を越えるのね。

東洋系の顔立ちがこんなにバラエティに富んでいることに
今さらながら気付いた。
というか、そこまで比べられるほど東洋系の選手が多いって事だ。
渡辺絵美と伊藤みどりしかいなかった頃を思うと
隔世の感がありますね〜・・・。
by quilitan | 2010-02-25 16:04 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(2)

素晴らしい19歳

女子フィギュアが始まりました。
今季絶不調からオリンピックへの切符を勝ち取った浅田真央。
練習量に裏打ちされたであろう自信がしっかり表情に見える。
ひねくれ者の私が、心から応援しているのです。
我がことのようにドキドキ・・・。

苦手苦手のコールが響くSP、いよいよスタート。
a0105480_2243120.jpg


トリプルアクセルも決め、他のジャンプ(ダブルアクセルめちゃ高い! )も
スパイラル(すらりとまっすぐ伸びた姿勢が美しい)も
ステップもミスがない・・・今季最高の演技!

・・・で、この表情だよ。
a0105480_22431252.jpg


得点も、本人がキスアンドクライで驚いていたところを見ると
納得の出来るものだったのでしょう。

でもなあ・・・・なんでキムヨナとの差が5点近くもあるのかなあ???
確かにあちらも完璧にこなしてたし
演技力という意味で勝っていたのかもしれないけど
でもそれでそんなに点差がつくものなの?
まあね、そもそも芸術点なんていう主観的な判断を持つ競技なので
仕方ないと言えば言えますが・・・
ちょっと外野には納得できないキムヨナのそこまでの高得点。

フリーで挽回だあ!
by quilitan | 2010-02-24 22:55 | 見る | Trackback | Comments(4)

春と修羅

うららかに春めいた日曜日、観光客で賑わう浅草寺の
ほんの目と鼻の先で繰り広げられていた祭典・・・。

「テイルズ・オブ・ジ・アビス/オンリーイベント」!

申し込んだのは確か昨年の10月辺りでしたか。
すっかりアビスの虜になっていた私、あれこれ妄想が広がります。
しかも4ヶ月もあるじゃん、余裕で印刷に出していい本作ろう!
なーんて油断しまくっていると、そこは好事魔多しで
身体の空かない事情に否応なく飲み込まれたのでした。
気がつけば2月・・・
・・・え?真っ白なんですけど・・・?

またやってしまった・・・・。
そしてまたまた、前日の修羅場を演じてしまった・・・。
またまたまたのんたん、ふぉんふぉんさんを巻き込みまくってしまった〜!

a0105480_1939241.jpg
お陰様で形になりました。
ホントにお世話になりました〜〜!

a0105480_19404722.jpg
a0105480_19411764.jpg
湯気が出ていてもおかしくないほど出来たての本を並べるオカメさん。
ふぉんふぉんさんにはポップまで作ってもらっちゃってさ〜、
何て言うの?ホントに参加出来て良かったよ。
机のサイズの割に非常に寂しいスペースなのも
参加することに意義がある!の五輪精神で問題なし。
(だから成績は聞かないでください)

このようなオンリーイベントは初めてなんだけれど
企画した人たちの熱意と愛情を余すところなく感じられた
とても楽しいイベントだったなあ。

ルーク様のお部屋が作られていたり
a0105480_19494699.jpg


コスプレ参加もありだったので、こんな事もされていたり(撮影/のんたん)
a0105480_19505049.jpg

みんなとても楽しそうで和やかだった。
文化祭みたいなノリできゃっきゃきゃっきゃ。
時折かかるOPのバンプの曲では思わず口ずさみそうだったよ。
やっぱりあの曲の力は大きいのです。

そんな雰囲気にオバサン、遠い昔の学生時代を思い出してました。

そして・・・あまりの楽しさに、また新たにやりたくなって
早くも次回のことを考えているのでした。
今度こそ、よそ様の手を煩わせることなくちゃんとやろうね!
と心に誓いつつ・・・。
いえ、本当は毎回誓ってるんです。
果たされてないだけで・・・・。すいません。
by quilitan | 2010-02-23 20:02 | ハマる | Trackback | Comments(5)

いよいよ

アイスダンスが始まりました。実は一番好きです。

ところで、いつの間にオリジナルダンスは民族舞踊という
決まりになってたの?
長野五輪ではオリジナルセットパターンというものでしたが・・・。
まあ何でもいいです、綺麗だし。

さっき、TVを点けたらいきなり日本のペアでした。

・・・あの衣装は國母よりヒドイ

我がニッポンは「和」で勝負しようとしたんでしょうね。
男性は紋付きの尻っ端折り(ありえねえ!)
女性は、浅草の仲見世で土産に売っているような
安っぽい花柄の赤い着物・・・に黄色い帯。
勿論、ギャル浴衣のようなミニ丈(許せねえええ!!!)

見ていて恥ずかしいったらないよ〜〜!!
どのペアも世界各国の様々な民族衣装や
代表的なコスチュームをモチーフにした
凝りに凝った衣装で登場してそれはそれは綺麗なんです。
その中で・・・あれかよ〜〜〜!!

センスなさ過ぎ!

ああ・・・・こんなだから日本のダンスはダメなんだなあ。
こんな毒は吐きたくないと思っているのになあ・・・。
by quilitan | 2010-02-22 20:12 | 見る | Trackback | Comments(6)

テーマソングはNG

ラルクはないんじゃない?
何歌ってるか分からないようなのを使うなよ。

冬季オリンピック、個人的に華はフィギュアスケートです。
以前は外国選手の綺麗どころ(男女問わず)の演技に
見惚れていましたが
昨今の日本勢の隆盛ぶりったらたまりませんね!

まあこういうちょっと掘り出し物もあるにはあるけど・・・
この人はぱっと見良かったが、正面はあまりいただけない。
a0105480_16182666.jpg


こちら、ジョニー・ウィアーは、まあある意味別格・・・?
ここまで姫系の男子選手も珍しい。
本人も自覚充分。
a0105480_16183912.jpg


しかし表彰台に日本人が並ぶなんて考えられなかった。
体型でも圧倒的に劣っていたのに
今じゃ逆にむちむちの外国勢に比べて何て美しいこと。
尤も、ペアはともかくアイスダンスに限っては
やはり勝ち目がないのですがね・・・まあその辺は置いといて。

高橋大輔、メダルおめでとう!   
a0105480_16185372.jpg


メダルを期待されてメダルを獲るって素晴らしいですよ。
よくあの怪我から復活したもんです。

今回、生中継で最初から見ていたので
下位から順番に見ていて改めて思いました。

トップレベルの選手ってホントにすごいんだね!
ジャンプなら下位の選手でもそこそこ出来るけど
やはり圧巻は表現力ね。
技術に裏打ちされた演技力!差が歴然でした。

・・・だからね、高橋くん、泣いてもいいんだよ!
a0105480_16343649.jpg

泣く価値のある仕事をしたんだもの!


a0105480_16345281.jpg
それにしても金メダルのライサチェク、高橋と同い年?
ウィアーより年下〜?
オッサン過ぎる・・・。

後は、浅田真央だ。ガンバレっ!!


P.S 
外野のうるさい國母ネタに、更に場外から一言。

読まなくてもいいですよ
by quilitan | 2010-02-19 16:37 | 見る | Trackback | Comments(1)

猫と雑文ときどきお絵描き