新海誠というアニメーション作家さんの作品。

変なたとえだけど
この人の作品のイメージは
“遠くまで投げたボールがそのまま落ちないで消えていく”
だからいつまでもいつまでも上を見ていなきゃいけない、
そんな気持ちになる。
そして1分1秒をものすごく丁寧に描くので
見ているこちらはリアルに胸が痛い。
でもこの痛みは癖になりそうだ。

それにしてもこの映像の美しさは何でしょう!
とんでもないよ! !!

こういうの見ちゃうとね、
ジブリってもうカビが生えてるな、と思ってしまう…。
by quilitan | 2009-05-31 22:33 | 見る | Trackback | Comments(6)

プチ旅行

お世話になった方のお墓参り。
海無し県から東京超えて海沿い県へ、
「関東・小さな旅」です。
朝から天気は怪しかったけれど、
駅に着いた時は豪雨が去った後で日射しもあり
南関東の緑豊かな景色が気持ちよかった。

a0105480_19222533.jpg
ヤケに堂々と目の前に居座り、存在感のあるこの蛙、
まさか○さんじゃないよね、と
同行の方々と笑いあっておりました。

帰りの列車では、途中からたたきつけるような雨になって
これはまずいと思ったものの
駅から家までは随分小降りになって
結局殆ど濡れずにあの長旅&お参りをクリアしたのは
…蛙さんのお陰様?

今また外は土砂降りです。
by quilitan | 2009-05-31 19:38 | 旅する | Trackback | Comments(4)

おっ買い物っ♪

オカメさんに、またラルフ・ローレンのセールに
連れて行ってもらった。
3時頃に行ったのだが、すでにあらかためぼしい物は
食いつく…もとい買い尽くされていた模様。

そんな中でもいかにも私だよな、と
自分でも思うような品物を手に取ってしまった。
a0105480_21271230.jpg

鹿革のパンツです。
実用的な日用品を購入しているオカメさんと何という違いでしょう…。
クリーニングとか、しまい方とかめんどくさいんだろうな…
と思ったけど、まあ考えないことに。
(もしかしたら残っていた理由はそれかも? )
だって普通このお値段で買えないですよね。
正札見たらびっくり、一桁違ってた!
それもどうかと思いますけどね〜…。
とりあえずサイズアップしないように気を付けないと…。

そしてまた「たーむー」食べにパルコの沖縄料理屋へ。
「たーむー」とは「田芋」のことだそうで
里芋よりもねっちょり、ほっくり、これが癖になる美味さ!
ちょっとお気に入りのお店です。
今度はもっと大人数で行って色々食べたいね!
by quilitan | 2009-05-30 21:39 | 雑録 | Trackback | Comments(2)

ゲームクリア

お休み期間をフルに利用して
「TALES OF THE ABYSS」終了しました。

途中でも何度かありましたが
エンディングではもう滂沱の涙…。
すいません、涙もろいんです(年のせいじゃないと思うけど)。

こういう気持ちの良い物語を作る力があることが嬉しい。
by quilitan | 2009-05-29 20:35 | ハマる | Trackback | Comments(0)

いよいよ佳境

「TALES OF THE ABYSS」

アッシュとお別れ…。
シンクも消えました。

どちらもかわいそうな役回りでボロ泣き。
でもその負の部分がきちんと理由付けされていて
しかもフォローしてくれている。
そこがこのゲームの素晴らしいところだ。

残るはラスボス。
終わっちゃうのか〜…。
バトル下手な私は何度もやり直す羽目になるかもしれませんがね。

ところで、
このゲームをやりながらいつしか頭の片隅に
「モンテ・クリスト伯」がありました。
アニメ「巌窟王」でエドモンを演じた声優さんが
奇しくもアビスで大ボスをやっている…のは
まあ置いといて、
自分のあずかり知らぬところで人生の舵を
とんでもない方向に切られてしまったことから
世界に背を向けて自分だけの信念で生きることを決めた
第一の主人公。
その男が、今度は次の世代の者達の人生を狂わせる。
行き着く願いは同じなのに
それぞれに狂った歯車がかみ合うことはない…。

勿論全然違うんですけど
このゲームの物語性の高さに
ついそんなことを思ってしまうんでしょうね。
by quilitan | 2009-05-28 02:50 | ハマる | Trackback | Comments(4)

ボトムズ番外編劇場版

正しくは
「装甲騎兵ボトムズ・ペールゼンファイルズ<劇場版>」
…長いんだよな。

公開期間が短かったので見そびれました。
前売りまで買っていたのに…。
そしてめでたくDVDがリリースされました。
しかし、何という商魂だサン○イズ!
特典がちゃんと付いてくるのはブルーレイディスクだけ。
DVDなんてそっけない通常版のみ。

しょうがないじゃん、劇場に行けなかったんだし
パンフとか持ってないし…
ええそうですよ、ハードもないのにブルーレイを注文しました。
まんまと乗せられましたよ、サンラ○ズさんに!
そして近所のビデオ屋でDVDを借りて見ました。
…何か騙されている気分だなあ。

*****

オタ話に興味のある方だけ…
by quilitan | 2009-05-26 20:49 | 見る | Trackback | Comments(4)

見立て

リスのフードを受け取りがてら
タンゴの口元にできていたポリープの経過を診てもらう。

先月、長かった投薬を止められるかも、と
検査に連れて行った時
図らずも見つかってしまったもの。
その時医者は「大丈夫ですよ、その内治りますよ」とは
言ってくれなかった。
なんと言っても前科があるし
しかも相変わらずキャリアっ子なので
悪いものである可能性が否定できない。
せっかくお薬なくなったのに
またか〜?とブルーになりつつも
ひとまず様子見と言うことになったのだが

…ここ最近小さくなってる気がする。
これはもしかしてオッケー?

「ああ、大丈夫そうですねえ、痛がるようになったら切りましょう」
てことは、ほったらかしておいても問題ないってことね!?

は〜〜〜〜あぁ良かった〜〜〜〜〜〜…

だって食欲旺盛だし最近太ってるし!
4.6キロの堅肥り猫です。
a0105480_14124137.jpg


核実験で世界中がざわついていますねえ…。
by quilitan | 2009-05-26 14:16 | | Trackback | Comments(0)

ライトノベル・その2

取りあえず買った3冊は読み終えてしまった「鋼殻のレギオス」。

やっぱり私はアニメの方が良いなあ、
DVDやっぱり欲しいよなあ…と
煮え切らずにAmazonでチェックしていると
レビュー欄が目に止まった。

原作にある心理描写がなくて心の動きが全然見えない、
展開が早くて話を削りすぎている、
原作にある深いものを捉えられていない…云々。
どれも私がアニメでの長所と思っている部分だなあ。
好意的な意見もあったけど
まあこんなものでしょう、といった程度。
どうも原作ファンには不満の声が多いようだ。

私はむしろ、この作家は文字で表現するのが
もしかしてあまり上手くないのでは、と思ってしまった。
「言葉」で表現するのと
「文字」で表現するのって別物だな、と思う。
ライトノベルには言葉が多い。
饒舌ですね。
勿体ぶった物言いや思わせぶりが多くて
それを「表面には出ない何かがそこにある」と
深みと取る人もいるのかもしれないが
それは…ちょっと違うんじゃないかな。
確かにアニメはわかりにくいです。
だから原作を補助テキストにしたんだけど
設定や成り行きのわかりにくさは
どっちも同じようなものだと思った。
挿絵がなければ理解できない部分も結構あったしね。

まあライトノベルなんだからご託を並べずに
気楽に読んでいればいいのかもしれないですが…
気楽に…
a0105480_0132955.jpg
          でも何となく…。
by quilitan | 2009-05-25 00:15 | 読む | Trackback | Comments(2)

飲んべえたちの宴

寒梅さんから
「頂き物の越乃寒梅と、宝来泉があるから飲みに来ない?」
と、思わず算盤はじきたくなるようなお誘いがあった。

そして、誕生日でも何でもないのに
昼からきっちり集まった酒飲み達…
いつものメンバーです。
約1名は夜までお仕事、遅れて参加ですが
さすがに寄る年波のせいか酒量も減っておりますので
一升瓶が数時間で消える…ということもなくなったので安心です。
ええ、「仕事だから今日はパス」なんて言わないんです。
美味しいものをいただくチャンスは逃しちゃいけません。


今回寒梅さんが手荒れがひどいということで
料理はそれぞれ持ち寄りに。
a0105480_19131430.jpg
出来合い+ちょっと一手間で
結構な品数になり
後はもう飲むだけ〜〜〜!

さあどうだ!
越乃寒梅だっ!!
a0105480_19132879.jpg



久しぶりに飲みました。
飲み…(ちょっと)過ぎ…たかも。

洗い物をした記憶がないので
手荒れのひどい寒梅さんに残してきたかと
メールしたら「洗ってあるけど…」。
飲み過ぎたのは私だけでしたかね?

ちょっと胃もたれのオマケがついてきましたが
いやー、美味かった!
また美味しいものにはいつでも呼ばれます。
よろしく。
by quilitan | 2009-05-24 19:24 | 食す | Trackback | Comments(2)

「鉄子」の一日

以前から気になっていた鉄道博物館に
仕事場の皆さんと、電車でGO! 

大宮は、うちから一本で近いのだが
使う時は乗り換えばかり、殆ど改札を出たことがない。
ルミネがあんなに面白そうだったとは…!
今度改めて行こうっと。

まあ、そんなわけでニューシャトルも初めて。
ニューシャトルってば、イモムシみたいな色で玩具みたいな電車。
a0105480_2312857.jpg


鉄道博物館駅で降りたら
そのまま駅続きに博物館に入る感じ。
改札じゃないのよ、これが入場口です。
a0105480_2361935.jpg


中に入ればもうそこは鉄子と鉄男の世界。
本物はやはりでっかいわー!
a0105480_2383332.jpg
a0105480_2385256.jpg

懐かしい電車もいっぱい。
a0105480_2391686.jpg
でも床が板張りで油を引いてあるような電車は
大学くらいまで乗ってたんだけどね、東上線で。
当時その色合いからカステラ電車と呼ばれてたっけ。
そんな思い出もよみがえる。

まるでターミネーターのようなこれは
新幹線の連結器。
ガコーン!グイーン…と変身メカっぽい音で
出てきます。
a0105480_23141038.jpg

ああ、何か楽しい…♪

a0105480_23142251.jpg
「夢の超特急」だった新幹線。
一時間ごとにのぞみが走るのが当たり前になってしまった今では
ぴんと来なくなりましたね。

ちょっと遅めのお昼は勿論駅弁で。
時刻表1000号記念で発売された「発行=発酵弁当」。
a0105480_23213937.jpg
発酵食品を使った和食のお弁当です。
さっぱりして美味しかった。
はじっこにちょこっと付いてきたお味噌が美味しかったなあ。


ジオラマもあれば
a0105480_23244652.jpg

本物のパノラマ風景も楽しめます。
すぐ脇を新幹線やら在来線がひっきりなしに通る。
a0105480_23245992.jpg
電車なんて今更、と思いそうなものだけど
これが意外に面白いんだなあ。
いや、決して鉄子じゃないんですよ?
a0105480_23282966.jpg
…シミュレーターなんかやってるけど

…別に、ねえ?
ちなみに京浜東北線ですが…

そして欠かせないお土産ショップ!
電車グッズはこれまた楽しい。
入れ物目当てについ買ってしまうんです…
a0105480_23301261.jpg
が、
これ、期待していなかったけど美味しい。

鉄道って文明だよねえ、なんて
しみじみ思ったにわか鉄子でした。
by quilitan | 2009-05-22 23:37 | 見る | Trackback | Comments(7)

猫と雑文ときどきお絵描き