カテゴリ:雑録( 540 )

最近気になること

今さらのように毎日電車に乗る生活になったわたくし。
とはいってもほんの二駅だし、小田舎の単線4両編成電車で通勤地獄とは縁遠いレベルだが
本数が少ない分、混む時はそれなりに混む。
この"それなり"というのが曲者なのか(山手線や埼京線じゃやりたくてもできない)
スペースを譲らない人が多い気がするのだ。
人が乗り込んでくるのに、自分と他人との間にひとり分くらいの空間を保っている。
後ろは人が重なっているのにそこに誰がいるの、といいたくなる。
あと一歩詰めてくれればみんながもう少しずつ緩く乗れるのにあくまでもマイスペースを堅持。
あ、そういう人はほぼ100%スマホで何かやってます。
自分バリアがよく見える今日この頃。


誕生日を迎えてまたひとつ年を取って、これはもしかしてそのせい・・・?
いわゆる「加齢」のせい・・・!!?
最近とみに若い人たちの言葉が聞き取れないんです。
日本語は必ず母音で終わるので曖昧な発音はそうそうないはずなのだが
その母音部分が何だか鼻に抜けて消えていくような感じで
その言葉の最後はどこ!?となり、これはいよいよ耳が・・・と悲しくなってきた。
でも昨日、電車で外国人同士が話していたのが耳に入ってきた時
英語なのにとても聞き取りやすくて驚いた。
勿論意味なんか分かりませんよ。
たま〜に聞き覚えのある単語などが混じれば拾えるくらいのものだったが
何より「言語明瞭」だったのだ。

これは・・・もしや外に向けて伝える意志の差なんじゃなかろうか?

内輪だけで理解し合ったりノリだけで盛り上がって意味のない会話はよくある。
でもそういう時の他人から見た「わからなさ」は「意味が分からない」ということであって
「聞き取れない」じゃないよなあ、と。
私自身、話すことで相手に何かを伝えるのはあまり得意ではないが
せめて不明瞭な言葉遣いはしないように気を付けよう。



そして・・・ウチ猫さんより外猫さんにカメラを向けることが多いんじゃないか?な
わたくしなのでした。


a0105480_21540566.jpg


ウチのコ達はあまり変化がないからついつい・・・
いや、変化なくていいんだけど。平穏無事、ありがたいことです!



by quilitan | 2017-05-24 23:01 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

幾つになっても

"あの" 目黒雅叙園でやっている「ねこ展」を見て

美味しいランチを頂いて

a0105480_23311640.jpg

甘〜〜いフルーツトマト。


a0105480_23332356.jpg

タリアテッレというのは、このきしめん状のパスタのことか・・・


a0105480_23341465.jpg
小夏(メニューでは日向夏)のデザート。





さらにプレゼントも貰っちゃった!
おっしゃれ〜〜!


a0105480_23345523.jpg




素敵な誕生日ですにゃ!!


a0105480_23304921.jpg



「ねこ展」は写真オールオッケーだったもので、撮りまくってしまいました。
少々お時間頂きます。



by quilitan | 2017-05-12 23:41 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

魔の季節

5月。誕生月でもあり、新緑と初夏の花とたっぷりの日射し、と眼にも心にも嬉しい美しい季節。

しかし、何故か5月になると発生するわたくしの嬉しくないイベント・・・
それは“歯”。
しかも今回はちょっとイレギュラーで発生してしまった。


去年激痛に見舞われて抜歯して、その後に1本義歯を作り、まあまあ快適に使用していた。
でもやはり義歯は食後のお手入れが欠かせない。
職場でも昼食後は洗面所でゴシゴシ。
洗ったらソレは小さな入れ物に入れて口を漱いで、という順序でやっていたのだが
最近入れ物に入れずに空いた手に持って他の動作をするようになっていた。
別にそれでも問題なかった・・・のに
魔が差すって言うんでしょうねえ、ぽろんと滑り落ちて排水口にころりん。

ふつうの洗面台の排水口はちゃんと落下止めの細工がしてあるのに
そこは建物が古いせいか、大人数で使う場所柄排水をよくするためになのか
ものが落ちるスペースがあったんだよ。
落ちた!と思った時は姿が見えていたので、引っかけて取ろうとしたら
豈図らんや、そのまま落下してしまったのであった・・・・・

脳裏には昔話の「おむすびころりん」が浮かんだね。
ああこうやって転がっていったんだなあ・・・と。


というわけで、折しも義歯作製からちょうど1年、再び歯科医へGO。
もう一度義歯、もありだが、やはり引っかける部分とか使い勝手の面で
ちょっと迷っていたところに、ブリッジの橋脚部分も全面に冠を被せるのではなく
半分くらいにできるというのでこの際ブリッジに切り替えです。

今回は歯の痛みはありません。
その代わり懐がとっても痛くなる羽目になってしまいましたとさ・・・
どっとはらい。


by quilitan | 2017-05-08 11:42 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

誕生会

恒例の合同誕生会。

雨女の友人が欠席だというのに、午後から一天にわかにかき曇り
怪しい風は出るわ陽が出ているのにぼつぼつと大粒の雨が落ちてくるわで
天気予報通りの妙な空模様。

まあ屋内で飲むので何の支障もないのですがね。

その内、ふと外を見ると・・・


a0105480_23131066.jpg


おおお、何と大きな虹!
根元もくっきり!
さらに夜になってからは稲妻の競演もあり、なんとも賑々しい誕生会となりました。


ちなみにわたくし、今年のリクエストは「フットマッサージャー」。
立ち仕事で疲れた脚にはたまらん代物です。

みなさまありがとうございました。



by quilitan | 2017-04-29 23:21 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

プリンセスとは

職場に置いてあったディ♡ニープリンセスの卓上カレンダー。

女性誌の付録らしい。
月ごとに色々なプリンセスの絵と、よく見るとそこに「Message from princess」なるものが
添えられている。
なるほど女性誌っぽい。
そして今月のプリンセスはシンデレラ姫。
ガラスの靴を片方落とし、馬車に向かって階段を駆け下りてくるあのシーンで
プリンセスからのメッセージは

「チャンスは逃さない」



シンデレラの物語って、継母と異母姉たちからの不当な扱いにもじっと耐えていた
その心根へのご褒美として魔女が夢を叶えてくれたんじゃなかったっけ?
そして意地悪をした継母と異母姉たちはそれ相応の報いを受ける、と。

チャンスは逃さない、なんて言ったら靴を片方落としたのもまるで計略みたいに聞こえるし
そんな「やったろか!」みたいなプリンセスってどうなんですか?
シンデレラにこのキャプションをつけるセンスに心底驚いた。
これがジェネレーションギャップというものか?と思ったが
一緒にいた20代前半の女の子もこの違和感に笑っていたので、ちょっと安心。


女性誌のターゲットはおそらく仕事をバリバリこなしお洒落もして輝こうとする(であろう)
20代後半から30代ってところだろう。
あなたも心の持ちようでプリンセスのようになれる、というエールなのかもしれないけど
ディズ♡ープリンセスは「夢ものがたり」だからね。
現代のどこぞの王室のプリンセスは自立してどんどん働くけれど
それはまったく別ものだからね!

美しさを単純に受け入れられないのってなんだか・・・世知辛いな〜・・・




by quilitan | 2017-04-27 20:59 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

今年の藤


   
a0105480_19581064.jpg



 


a0105480_19590026.jpg


綺麗に咲きました。

でも土もカッチカチだし、鉢もかなりキチキチ。
鉢が大きくなると葉っぱばかり成長して花が付きにくくなると聞くけれど
今年は植え替えしてあげないと可哀想かも。


by quilitan | 2017-04-27 20:02 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

    くらもちふさこ 手塚治虫文化賞大賞受賞

嬉しい。
何より一番新しい作品での受賞ということが嬉しい。
気になったもの、心惹かれるもの、その感情を、物語を〈どう見せるか〉と
ひたすら模索しながら試行錯誤を繰り返して作品を生み続けていることが評価されたということだから。
試行錯誤の結果が全て成功ではないかもしれない。でもその歩みが止まることはない。
そして成長を続けることこそが "作家" なのだ。


『花に染む』をきっかけにして私は弓を始めた。
始めたらこれが面白くて今や私の生活の一部である。
弓は、「道」といいながらもついつい自分も教える側も “中てる” ことに気が行きがちで
本当はかなりウェイトが置かれるはずの「気」の領分が後回しになる。
でも精神論などというと胡散臭さが勝って、技と気をうまく同和させるのに時間がかかり
続けていくことで、初めて分かってくることがたくさんある。
それが、確かに弓は数回引いてはいるだろうし、弓道場にも何度か足を運んでいるとはいえ
実際に「弓道」というものに接することなく想像力によって描かれたものが
それこそ的を射ているのである。
まったく別の方向からであっても、まっすぐ本質を突くのだ。
これがイマジネーションの力。

弓道の教えのひとつとして『形の美しさは真であり、真のものは形も美しい』というのがあるが
これは何も弓道に限らず、真理だと思っている。
但し、「美」とか「真」とかただ字面通りの意味合いではなく、だ。
作品の中で練り上げられた〈見せ方〉という「形」が美しいから、表現手段として嘘がないから
受け手側の心に真っ直ぐはいってきてしっかりと根を下ろす。

勿論、テーマもストーリーも作品には大事な要素ではある。
でも、漫画でも映画でも絵画でも、見せるという表現手段において「見せ方」というものがどれほど重要か。
この「見せ方」を突き詰めることは、教わったりするものではなく
モチベーションとして初めから持っているもので、知識や経験では後付けできない。
それを「才能」と呼ぶのだと思います。



時を合わせたかのように、つい最近「文藝別冊くらもちふさこ」というムック本が出た。
その中で、様々なひとが今までの作品で印象に残ったシーンやセリフを挙げていたのだが
同じシーン、同じセリフを心に刻んでいる人の何と多いことか。
しかも今もそれが色褪せていないのがありあり。
言うまでもなく私も読みながら、そうそう、そこだよ!みんなそうなんだね!と
本を相手に相槌を打つことしきり。
冒頭の加南のセリフなども折に触れ頭に浮かんでくるものだけれど
ここは陽大に締めてもらおう。


『えー    泣いてる?』

喜んでるんだよー!


by quilitan | 2017-04-25 11:18 | 雑録 | Trackback | Comments(2)

流星

浅田真央の引退発表は、確かに驚いたけれど予期していた部分もあった。
特番やら記者会見やら、これでもかと流れてくる彼女の過去現在の映像に頭まで浸かり
心落ち着けて、色々思うことなどしたためよう・・・

と思っていた矢先

「塩山紀生さんが亡くなった」という情報で呆然となってしまった。


「装甲騎兵ボトムズ」は、ガンダムのような熱狂や盛り上がりはないものの
それこそ地を這うようにずっと数十年繋がってきていて
“もしかしたら近いうちに新作が見られるんじゃないか”という期待が
不思議と消えずにいた。
でもフィアナを演じた弥永和子さんが亡くなられて「新作」への期待がかなり落ち込み
そして今回の訃報・・・
埼玉にお住まいだったようで、今朝の新聞の埼玉版に小さく記事が載っていて
それが妙にリアルでもの悲しくていたたまれない気持ちになった。



ああ、とうとう最後の砦が崩れてしまったんだ!


これでほんとうにボトムズは遠いところに行ってしまったんだ。


塩山氏の描くキリコ、特に眼が素晴らしくて誰にも真似の出来ないものだった。
この眼にずっと惚れ込んでいます。

合掌



a0105480_17545814.jpg

by quilitan | 2017-04-14 18:21 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

今年は咲くよ

a0105480_19360821.jpg

気付いたら、藤の蕾がこんなに大きくなっていた。

去年は一房も咲かず、ちょっとショックでした。
これは土が痩せちゃったかと思い少しばかり肥料を置いてみたのが効いてくれたのかな。

でも鉢も小さいままだし土も固いし、そろそろ植え替えしないといかんですねえ。

とりあえず開花を待つ。


by quilitan | 2017-04-13 19:42 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

さくらんまん

明日は雨という予報。
満開になってからの雨は花にはちょっと厳しいだろうから
弓の前に武道館の傍の新河岸川で花を見ながら菓子パン片手にとろとろ歩く。

平日の昼間なので静かなものだ。
今日は入学式だったのか、ランドセル背負っておめかししたチビッコを
桜と一緒に写真に収めようとする家族連れを何組か見かけ
あとは立派なカメラ持ったおじさんたちがちらほら。
時折吹く風に花びらが舞って、本日は
「花筏」「花吹雪」満喫。
そしてきっと明日は「花散らし」・・・日本語って良いなあ!


今年の桜はこれで見納めだろうか

a0105480_19460803.jpg

a0105480_19463470.jpg

a0105480_19480903.jpg

a0105480_19483489.jpg

a0105480_19492970.jpg

a0105480_19501328.jpg

a0105480_19505969.jpg

a0105480_19522542.jpg

a0105480_19533007.jpg





by quilitan | 2017-04-10 20:01 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31