カテゴリ:食す( 201 )

十万馬力の栗まん





こんなものをお裾分けで頂きました。


a0105480_21405478.jpg

え?アトムとウランちゃんの饅頭??


a0105480_21412963.jpg
アトムとウランの髪型(ロボットでも髪型といっていいんだろうか)は
大量生産にはめちゃくちゃ不向きだと思うのに、よくがんばったなあ。


なーんて少々キワモノ扱いしていたのだが、食べたら美味しかった!
失礼しました!

a0105480_21470672.jpg

外側がちょっと甘めで普通の栗まんよりしっとり。美味い。
心やさしい科学の味だろうか。


by quilitan | 2017-05-01 21:49 | 食す | Trackback | Comments(0)

ごぶさたエル・ラガール

先週、久しぶりに寒梅さんと el lagar 行って来ました。

ママさんが2月いっぱいスペインに行くという話だったので、では帰ってくる頃にと言いながら
なんやかやと忙しく行けずにおりました。

a0105480_21480726.jpg

定番の生ハムは靴下履いてた(ちょっと育ちが良いのかしら)


本日は銀鱈の煮込みを注文したので、では久しぶりに白でやりますか。
ママさんお薦め、店名と同じ「el lagar de cervera」を頂く。


a0105480_21484701.jpg

まろやかフルーティーでこれは美味しいですね〜!
チーズに付いてきたドライイチジクにまたよく合って、まずいね、進んじゃうね・・・

a0105480_21511907.jpg



私はチーズに付いてくる甘い練り物が大好きでして・・・
キューバでよくパンに挟んで食べたコンチータと同じだと思うんだな。
勿論これにも合う白。


で、鱈の煮込みです。

a0105480_21501722.jpg



a0105480_21521804.jpg


うまい!うますぎる!!
埼玉名物の饅頭のCMがぴったりくる美味しさで、貪るように頂きましたよ。
口に福と書いて「こうふく」・・・そんな気分になる味。
スープは絶対残したくない、という美味しさです。


寒梅さんはこのあとイベリコ豚のグリルをがっつり行きました。
私は付け合わせのジャガイモ担当。
付け合わせとはいうものの、いつも不思議なくらい美味しいんだよなあ、このイモ。
以前頼んだ時、イモ増量でお願いします!という無茶振りをしたこともあったっけ。


そんなにしょっちゅうは行けないけど、でもお気に入りのお店で楽しく美味しく過ごして
気持ち良く暮らせる幸せですね。



by quilitan | 2017-03-28 22:13 | 食す | Trackback | Comments(0)

開新堂

地元の百貨店で、“全国の美味しいものを集めました"イベントがあった。
その広告で目に飛び込んできた「村上開新堂」の文字。

開新堂のお菓子といえば、仕事場で何度か頂いたことがあるのだが
ピンクの缶にぎゅうっぎゅうに詰め込まれたクッキーは、1人で一缶抱えこみたくなるような
素朴で何とも味わい深い美味しさ。
そして、確かなご紹介者がないと買えないというセレブなお品なのだ。

・・・まさか、あの開新堂??

広告には「ロシアクッキー」とある。
ん?そういうお菓子もあるのかしら?
でもとりあえず先着50個だというので、当日開店と共にダッシュ。
既に列も出来ていて、おそらく程なく完売したことでしょう。


a0105480_20502698.jpg

すごい老舗感のある包装。

中身も


a0105480_20510740.jpg

60年代の香りが漂うなあ。

a0105480_20525636.jpg


ロシア"ケーキ"とはいうものの、スポンジなどではなくソフトなビスケットといった焼き菓子で
上にドライフルーツがちょこっと乗っていて、素朴でしっとりしたお菓子はまさに
私が幼い頃、頭に描いていた"お嬢様のお茶の時間"そのもの。
美味しいお菓子があるんですの、といって素敵なティーッポットとカップと共に出てくる感じです。


ちなみに「村上開新堂」は京都のお店。
ピンクの缶の「開新堂」は東京で、それぞれに創業者(親族同士)がいるということでした。


でも京都のお店にしても結構敷居が高そうなので
これをよく持ってきたもんだ。
M百貨店、グッジョブだ!




by quilitan | 2017-02-23 21:34 | 食す | Trackback | Comments(0)

行列の出来るピザ屋さん

無事仕事が終わり、ゴハン食べに行きましょうと出かけたのは
ワタクシお初の〈新宿 NEWoMAN〉です。

駅ナカと駅ソト、どちらも目新しいお店が充実〜〜〜!

でも、珍しく始動が早かったせいか・・・11時開店にあとちょっと間があり
どうしようかとあっちウロウロこっちウロウロ。
ま、そうこうしているうちにどのみち5分も待てばどこも開くし
せっかくなら以前TVで紹介されて大行列と言われていたあそこが気になる!というわけで

800° Degrees Pizzeria

開店前だったので列はちょっとだけ、メニューであれこれ考えているうちにご案内。


行列できるっていったってどうせ最初だけでしょ〜?とか
なんだかんだ言ってもまあピザだしね、とか
知った風な感じで入ったのですが・・・

a0105480_19380164.jpg

美味しかったのよ〜〜!!

まああれこれトッピングして飲み物も入れると決してお安いものではないですがね。
ちなみに私はマリナーラベースにリコッタチーズ・ペパロニ・ドライトマト・ブラックオリーブ。
これ、ベースのトマトソースが何だか懐かしい味だったんだよね。
知っている場所ではあるけれど、ものすごくリニューアルされて異国のようになってしまった新宿で
明るい午前中にお店を探しながら見知らぬ場所を歩いていると、海外を旅している時の記憶が蘇る。
そこへこのトマトソースの味がきて気分はすっかり旅行者。
海外旅行気分を気軽に味わうには絶好の場所だなあ、新宿・・・

サイドメニューの “ドライイチジクとトレビスの何たらマスタードソース”(忘れるくらい耳慣れない言葉)
こちらも一風変わった味だけど美味しかった。

a0105480_19382594.jpg


そして家に戻って、純和風のわらび餅を頂きました。

日本人の味覚って、なんてグローバルなんでしょう。



by quilitan | 2016-11-03 20:15 | 食す | Trackback | Comments(0)

酒と茶豆と男と女

a0105480_11054277.jpg

まあ要するに、今年も無事に『寒梅亭茶豆ナイト』が行われましたということで。

産地直送茹でたてほやほやの茶豆とビール、これ以上何がいりましょうや!?
最近はワタクシもそこそこビールを嗜むようになりまして・・・でもやっぱりクラフト系の飲みやすいものに限るのですが

a0105480_11065388.jpg

COEDOは美味しいです。
ホントは白か紅赤が良かったんだけど置いてなかったのでね。

a0105480_11073004.jpg
これもとても飲みやすくて、もしかしたらビール好きには物足りないかもしれない。
「甘いようでビールの苦みもそこそこあって、誰にでも取っつきやすいが個性はないかな」といういかにも『埼玉』なキャラです。
(でも製造は取手なんだよ?)


a0105480_11080034.jpg

さらに、ちょうど神戸の友人から日本酒が到着し、写真撮るのは忘れましたが
「最低野郎」もやっと封を開け、ボウルに山のように盛られた茶豆とともにお腹の中にしっかり収まっていきました。



帰り際、寒梅亭のマンションの入口に燕の巣発見。
下にはちゃんと新聞紙が敷いてあったので、お馴染みさんなのだろうな。
まだ巣作りしてたんだねえ。
だいぶ大きくなった雛が静かに親の帰りを待っていました。
(・・・でもこんな深夜に親鳥は飛べるのだろうか?)


a0105480_11083711.jpg
土の恵みを存分に味わい、ヒトに温かく迎えられている生き物の姿を見ながら
静かに更けゆく茶豆ナイト・・・・・




by quilitan | 2016-08-21 11:27 | 食す | Trackback | Comments(2)

カメノテ☆ナイト

「カメノテ」(画像は閲覧注意かも・・・かも?

見た目は文字通りガメラの手とも見まごう代物だが、味はすこぶる美味しい。
クセがなくて磯の香りと甘みが何ともいえず、ついつい後を引く逸品。
el lagarさんでここ数年見かけるようになって、流通ベースにもなっていることが分かったが
わが海無し県では殆どお目にかからないであろう珍味なのだ。


そのカメノテ、島根からの採れたて茹で立て直送便をたっくさん分けて頂きました!


そして日本酒買い込んで、寒梅亭にて二人でカメノテフィ=バ==!

a0105480_8514669.jpg



見た目なんか全然平気〜〜〜!

a0105480_9121452.jpg




寒梅さんが、先日出先で買ったという今年最後のコシアブラを天ぷらにしてくれて
(山菜の中でコシアブラが一番好き)

a0105480_8512536.jpg



もういうことなしのカメノテナイトでした。


a0105480_851012.jpg

                        ↑
                      二人で完食。



   みなさまご馳走様でした〜〜〜!!!
by quilitan | 2016-05-22 09:15 | 食す | Trackback | Comments(4)

ナンチャッテ

採れたてトマトをもらいすぎた時に作って冷凍しっぱなしだったトマトソース。

賞味期限(消費期限ではない)が三日前に切れちゃった生クリーム。


さすがにあまり置いといてもなあ・・・と、これまた冷凍庫から引っ張り出した鮭の切り身で

きっとお店のメニューならば「サーモンのトマトクリームパスタ」であろうものを拵えた。

a0105480_18454941.jpg




あら、ちょっと美味しいじゃない!? だったので自画自賛。

でもトマトも新鮮そのものだったし、クリームもN沢のヤツなので
そりゃ美味しくないわけないよね。


GWの自作ご飯でした。
by quilitan | 2016-05-03 18:51 | 食す | Trackback | Comments(0)

フキノトウ・自画自賛

先日、母がご近所さんからフキノトウをもらってきた。
まだ花が開いていない若い芽で、みずみずしい若草色。

我が家は人数も少ないうえに、ここ数年は母親が油ものを敬遠しているので天ぷらはできない。
では、と前日の残りもののイカと合わせてフキノトウパスタを作った。

これがもう本当にちょうどいい苦みで、初春の風味を思いっきりあじわって幸せたっぷり。

ええそうです、ワタクシの作ったパスタが美味しかった、ということでございます。



そんな話をしたらtaさんからもフキノトウがやってきた。
もう花が開いているので「蕗味噌用に」とのことだけど、なんたって採り立て新鮮だもんね!
さっそく蕗味噌を作って、夕飯のお供に。
う〜〜ん、いい味いい香り!


ええそうです、これまた上手く作れちゃったワ〜、ってことで(味の好みはそれぞれあると思うけど)
フキノトウでちょっと自画自賛シリーズが続いたのでありました。


皆様ごちそうさまです〜。
by quilitan | 2016-03-11 19:12 | 食す | Trackback | Comments(0)

祝!

先日、〈個人事業主として初の税務申告無事終了〉を祝して乾杯したい!という
寒梅さんのお誘いを受け el lagar へ。


いつもの定番のチーズ、生ハムにワイン。

a0105480_017851.jpg




でも定番ながら微妙に差はあるのですね、この日のブルーチーズは熟成がしっかりしており
ちょっと濃いめ。

a0105480_0164140.jpg



そして生ハムも

a0105480_0162824.jpg


いつもは爪まで付いていなかったような・・・と思ったら
ちょっとグレードがお高いらしいのです。


a0105480_0165363.jpg


一口食べてすぐに、そうだイベリコ豚の主食はドングリだったっけ、と納得したくらい
ハムからナッツのの風味がふわぁ〜ん。
さすが〜!」


この日の牡蠣は、寒梅さん曰く〈前回の方が美味しかったかな〉だそうです。
私にはあまり差が分かりません・・・
でもホタテは今回の方が美味しかった気がするなあ。


お言葉に甘えてわたくし、ちゃっかりしっかり御馳走になりました。

今度はわが家でカレーなど振る舞わせて頂きましょう(・・・っていいのかそれで?)
by quilitan | 2016-03-08 00:42 | 食す | Trackback | Comments(2)

本年お初の el lagar

去年の年末はピロリ退治やらバイトやらで慌ただしくご無沙汰していたel lagar 、
そろそろ行きたいなあと思っていたところにちょうど寒梅さんからのお誘い。
(寒梅さんも顔面負傷していたりしたもんね)

開店と同時にカウンターにどっかり腰を据える。

今日は何があるかな〜・・・あ、兵庫産の牡蠣と北海道のホタテだって!
季節柄良いじゃありませんか〜?

では本日は白ワインで行きますか。

お店と同じ「lagar」と名の付く1本をチョイス。
lagarは葡萄や林檎の圧搾所という意味で、言うなればワイン作りの第一段階となる場所・・・かな。

a0105480_113824.jpg



そして牡蠣ですよー、牡蠣!
一応6コでひと皿とあったので、お店のママさんが「(二人だから)数どうします?」
わたくし「そうだなあ・・・(6コだと多いかなあ)・・・どうする?」
座を外していた寒梅さん「え?数?6コじゃなくて8コ?」
ママさんとワタクシは一瞬沈黙・・・ののち爆笑。
うーん、長い付き合いなのに彼女の胃袋を把握していなかった不覚を思いつつとりあえず6コで。

a0105480_1125729.jpg


この状態でものすごく香ばしいぃぃ!


a0105480_1124339.jpg


そしてプリップリ!
甘くて噛み応えもちょうど良くて美味しかった!

ワインは白なのだが、わりと香りがはっきりしていて強めだったので牡蠣の香りに負けてない。


そしてホタテのガリシア風。

a0105480_1123248.jpg


ガリシア風とは?と聞くと、玉葱のソースで食べるということでした。
海沿いの地域なので、基本素材の味を生かすというのは世界共通。
ソースはしっかりパンにつけてきれいに浚いますよ、勿論。


生ハムにチーズという、つまみの定番も忘れずに

a0105480_1121912.jpg



つまみ系プラス久しぶりのお米のパエーリャでお腹いっぱいの私はそろそろデザートの気分。
しかし寒梅さんはカウンター正面のオススメボードから目が離せないらしい・・・
それは「イベリコ豚の骨付きグリル(170g)」
ここまで飲んで食べてさらに行けるか?でも行けるかもしれない・・・という葛藤の末に注文。

a0105480_111294.jpg



私はといえばもうこちらに来まして

a0105480_1114375.jpg




でも実はこのイベリコ豚のグリル、このひと皿を最後にしばらくメニューから消えてしまうんだそうだ。
何でも納得できる品質のお肉が調達できないらしく、早くてもGWあたりにならないと出せないとか。
しかも話をしていると、どうやら日曜から3日ほどお店がお休みになるというじゃないですか!
なにこの絶妙のタイミング!

寒梅さんは晴れ女というだけでなく、胃袋においても時を逃さないのだと感心しないではおれません。


じっくりたっぷり味わって(ちゃっかりニンニクとポテトをつまませてもらう)完食。

a0105480_1111686.jpg



その直後に注文して品切れといわれてしまったお隣席のカップルには申し訳ないくらい
きれいなお皿です。


美味しいものを食べて飲んで、幸福度アップだ==!!

そして夜更け過ぎに雪に変わった雨も、今朝はスッキリ青空で気持ちいいぞ〜〜。
by quilitan | 2016-02-07 11:32 | 食す | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31