カテゴリ:見る( 314 )

DANCER〜世界一優雅な野獣

@スカラ座

フライヤーを見た時からこれは行かねば!と思っていた作品。
タトゥーだらけの破天荒なダンサー、というのが煽り文句で
だからこそ日本語タイトルで「野獣」と付けたのだろうが
観れば野獣どころか一番大切な家族と切り離された寂しい小犬ちゃんだった。

そもそもタトゥーをこれでもかと入れる人は(儀礼的なものは除いて)何かに縋りたい気持ちが強いと
私は思っている。
自分が求めても得られない何かがあればあるほど、確実に形に残るものを自分の身体に
しっかり刻み込むことでその隙間を埋めようとしているとしか思えない。
このタトゥーまみれは弱さの象徴でもあると思うのだ。

でもこんな尋常でない才能は1人じゃ抱えきれないのも当然かもしれないな。
ロイヤルバレエアカデミーで3年飛び級して、入団して19歳でプリンシパルになり22歳で退団、
ロシアに戻ってオーディション番組からモスクワの劇場のプリンシパル・・・
ここまで来ると突き抜けすぎて怖くなる。
踊ろうと思えばどのようにも踊れてしまうのだから、“踊るため”という目的がそもそも存在しない。
誰もが「出来ないことが出来るようになる」ために頑張るのにそれがない。
目標がない中で何かをしなければいけないというのはどれほど孤独だろう。

バカ騒ぎをして酔っぱらって、何しても起きないくらいぐっすり眠りこんでいる時の顔が
何とも言えず美しくて、それが切なかったなあ。


与えられた〈器〉に入りきらない才能を持ってしまった人の苦悩は
器のいいとこ2,3割ぶんくらいしか活用できていないような凡人の私には想像もできないが
それでも容量以上に詰め込まれた器は壊れるしかない、ということはわかる。
器が規定以上の膨大な容量に耐えられないのは当然のこと、
でも本人には器が壊れるのも中身が溢れ出すのもどうにも出来ない。

彼は自分がバレエをやることで家族がバラバラになったことを悔やみ、嘆いていたけれど
たとえ一緒にいたとしても普通の人には彼の苦悩は分からないだろうし
受け止めることも出来なかったのではないかと思う。

この人は、持ってしまった者として悩まなければならない運命だったんだろう。
そうやって「ダンサー」になっていくんだな。


でも、できれば坊主頭より乱れ髪で踊って欲しいと思ったワタクシです。
何だろう、舞踊家ってなぜか坊主系が多い気がする。
ちょっと突き詰めたいと思うと人って自然に髪を剃りたくなるのだろうか・・・?
単に邪魔なのかもしれないけど。



*映画を見た日に詐欺めいた来日公演の情報が駆け回っていて
 何というタイミングかと笑っちゃった。
 多分スカラ座さんに回ってきたのはけっこうお終いの方だと思うので
 初期の上映で人気に眼を付けた輩が金の臭いをかぎつけたんだろうなあ。



by quilitan | 2017-08-31 23:52 | 見る | Trackback | Comments(0)

チェ・ゲバラ写真展

久しぶりに都会にお出かけです。
渋谷で髪を切って、恵比寿ガーデンプレイスへ流れる。

チェ・ゲバラといえば、まずHabanaの革命広場のビルにも使われている〈あの写真〉だが
今回の写真展は被写体としてではなくゲバラ自身が撮影者というもの。
この英雄がどういう目線で状況を見ていたか分かるというのが大きな魅力なんだろう。
Nちゃさんに教えられるまでこの展覧会のこと自体知らなかったのだが
結構な入りでちょっとビックリ。

そういえばこの人若い頃にはバイクで南米大陸放浪してたっけ(「モーターサイクルダイアリーズ」)。
キューバ革命を成し遂げた後の外遊は国を背負うものとしての責務だったのだろうが
フットワーク軽くあちらからこちらに飛び回る様はまるで根無し草。
そんなゲバラの撮った写真の多くが遺跡というのも面白い。
自分の理想の根を張る場所を求め続けていたのだろうか。

プリントのざらざらした感じや色の褪せ具合がちょっと懐かしいです。



a0105480_22270889.jpg

これは〈あの写真〉を撮影したコルダ氏のオリジナルプリント(サイン入り)。
やはり表情がいちいち絵になる、というか雄弁なのですね。

この展覧会、もうじき公開されるゲバラを扱った映画のプロモーションも兼ねているようなのだが
ゲバラを演じる役者がホントにそっくりで驚いた。
キューバロケもありそうだな・・・監督も阪本順治だし、見ようかな・・・






by quilitan | 2017-08-24 23:20 | 見る | Trackback | Comments(0)

手練れの技

今季の朝ドラ「ひよっこ」、見れば見るほど味わい深くて面白い。
「カーネーション」「あまちゃん」「マッサン」以来久しぶりに二度見する日々。

始まった当初、舞台が地方の農村で、いわゆる「田舎の子」の何気ない日常の話ということで
時代は違うけれど「天然コケッコー」を彷彿とさせるものがあった。
最初は設定や空気感が似ているからかと思ったのだが、そうじゃなかった。
それは、作家がその道の熟練者となって初めて描き得る世界という部分において同じなのだ。
回が進むにつれ「ひよっこ」の方は主人公の環境が変わったことで舞台や人間関係が変化しているけれど
やはり「日々の暮らし」から視点は離れることはない。
毎日15分間、あまりの隙のなさに驚くほどです。
日常生活というものは、とても小さな世界ながら立派な群像劇なのだということを改めて思わせてくれる。
登場人物は老若男女さまざま、観る側も然り。
でもたとえば私だって二十歳そこそこの女の子の恋愛にドキドキしたり
酸いも甘いも噛み分けた年配者のいうことも納得したり、ワケありの人の気持ちも分かる気がするし
これは全ての人物が適材適所にちゃんと配置されているからこそのことであって
そういう「作為」を自然に見せるのがものすごい熟練の技だと思うわけです。
言葉通りの “ひよっこ" を描くには、自分もひよっこでは無理だということだ。

若さで、前に前に進んでいく時にしか描けない世界もあるが
それを経て成熟した人の手になる作品は、尖った部分や派手な演出をどんどん削ぎ落として
小さな世界をどれだけ多くの人の公分母にできるか、に勝負どころがシフトしていくように思う。

きちんと作られた作品を見ると、ほんとうに気持ちがいいし満足だなあ。



by quilitan | 2017-07-17 00:33 | 見る | Trackback | Comments(0)

@スカラ座

しばらくぶりに映画、そしてスカラ座。
なかなかうまく時間が合わなくて行けなかった。
この映画もそれほど「見たい!」と切望していたわけではないのだが
せっかく月曜日に行けるチャンスだし・・・

身につまされる映画でした。

大工のダニエル・ブレイク、老境にさしかかり、心臓の持病で医者から仕事を止められ“無職”。
「病気理由」なのでそれに当てはまる「支援手当」を申請するも
紋切り型のお役所対応で「あなたはこの手当を受けるほどの状態ではありません」と判定され
それなら、と持病で本当は働けないのに求職活動をする人のための「手当」を求めるが
それも「オンラインで」「サイト登録して」「決められた講習への参加と活動実態の証明」・・・
上から目線のお役所あるあるな感じが満載。
そこでやはり“あるある”な対応でけんもほろろな扱いを受けていたシングルマザーと知り合い
底辺でも生きなくてはならない人々の暮らしぶりが淡々と描かれる。

役所のやり方に腹が立って小さく爆発してみても
手続きをしなければ貰えるモノも貰えないので結局は言われた通りのことをする。
そんな諦めに似た空気が全体を覆っている。
気候と同じ、湿った感じなのである。
アメリカ人だとがむしゃらに突進して権利を声高に主張しそうだけど
イギリス人は力ずくでの正面突破が性に合わないんだろうな。
それにしてもイギリスという国は、前に見た「天使の分け前」でも感じたのだが
本当に下克上が難しい国だ。
でももっとずっと弱い人が手続きと書類と「待ち」の時間のあまりの長さに埋もれて
知らない間に消えて行くのはどこの国も同じなんだな。

そんな「普通」という強者スタンダードの中で生きるのに必要なことは
「自己の尊厳」なんですね。
たとえどんな仕事をしても、傍から見たら惨めでも、
「このためにこれをしているのだ」と自分自身を認めることができれば
それが生きていく理由になる。
そして、その尊厳の象徴となるものこそ「名前」なのである。
組み体操じゃないが、底辺の者たちが名前も何もひとくくりにされて潰れていったら
いずれ上も崩れるということ、ピラミッドの上の人達はわかっているかな。
我が国もそろそろ下の方が危なくなっている気がしますけど。
私が稀代の名作と思っているゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」しかり、「ゲド戦記」しかり
“ひとりずつ(ひとつずつ)ひとつ" 名前によって自己が確立する。
だから「わたしはダニエル・ブレイクだ!」なのだ。



余談だが、この映画の英語が全然、ホントーに全然聞き取れなかった私。
ロンドンから来たという設定のシングルマザーに「ここの言葉わかる?」と聞くセリフがあって
ちょっと調べたら、この舞台となっているニューカッスルはものすごく訛りがキツイので
けっこう有名らしい。
私のアタマがちょっとお馬鹿になったわけではない・・・よね?




by quilitan | 2017-06-20 00:32 | 見る | Trackback | Comments(0)

ひよっこ

始まったばかり、まだ一週目も終わっていない朝ドラ「ひよっこ」だが
毎日見る枠にしっかり食い込みました。

だって面白いもの。

いかにも “朝ドラ的” で、みんな良い人、良い子みたいな所はあるけれど
だからといって変な作り物臭さは感じない。
むしろそういう枠の中で面白いと思えるのはすごいことじゃないのかな。
ちらっと見える程度の所までもちゃんと作っている丁寧さが
全体の厚みとして伝わってくるんだろうと思う。
しんみりと語り合っているそのずっと後方で自然な姿ではしゃぎ回っている子供たちとか
セリフの合間に見せる表情とか、ピントが合っていない人物がぽつっと合いの手を入れる感じとか
隙間の演出が気持ちのいいドラマ。
ここ数回の朝ドラはスルーしていたが、毎日同じ時間に動かなければならなくなったことだし
これは楽しみに見ることにしよう。


そして、昨日の言いぐさじゃないが、浅いのは自分もだな、と少々自虐を込めつつ・・・


初回見た時から、これは「天然コケッコー」へのオマージュなのではないか、と思ってしまった。
時代も人物設定も全て違うのに、そこから「天コケ」の村の空気が感じられたのだ。


オマージュは、これとこれが同じ、などということではなく
それこそ「SONG of the SEA」と昔の東映長編アニメ(決めつけてるけどまあいいか)のように
自分に影響を与えたものに対する敬意と愛情を存分に “自分の形” の中に盛り込んで
再び世に出すことだと思っている。
“何だかあの作品を思い出すね、この人はあの作品が好きだったのか” と嬉しい気持ちになれたら
それがあるべきオマージュなのだと。


まあ、それは私が勝手に感じているだけのことなので
それがあろうがなかろうがドラマそのものが面白いから見る、というだけのことです。
これから半年、朝の15分間はないものとして支度しないとだな。


by quilitan | 2017-04-07 20:45 | 見る | Trackback | Comments(0)

SONG of the SEA

a0105480_19535341.jpg

スカラ座の予告に出た時から、とにかくこの絵は絶対観なくては、と思った。

そしてお休みの今日。
ほんとうは一緒に懸かっている「マイマイ新子」も観たいし
弓の稽古もしたいしちょこっとお花見も誘われてるし・・・
一日の休みでどれを取るか迷いつつ、ひとまずこの映画を優先させた。

その選択は大当たりだったよ。

こんなに美しくて素晴らしい映画だとは思わなかった。
「紡ぐ」という言葉がぴったりくるような上質な物語。
もりやすじさんが描くような丸くて小さなキャラクターは、単純な線だけど琴線に触れるものを心得ている。
女の子が顔にかかる髪をかき上げるさりげない仕草さえも、何て綺麗なんだろうと思える。
そして、感動したがりが言うような "泣ける映画" なんかじゃなくて
物語に沿って、絵に沿って、愛おしくて愛おしくて自然と涙が溢れてくるのだ。
それはちゃんと「悲しみ」を描いているからなんだろう。

こんな良い映画だけどスカラ座さんでかかるのは1週間だけ・・・ああもったいない!
子供に観て欲しいなあ、こういう映画!
綺麗なもの、愛らしいもの、守りたいもの、穢いもの、憎たらしいもの、消えてしまえばいいと思うもの、
そういうものを全てくるんでくれるものもこの世にはあるんだよ、
・・・いうなれば「愛」というものがある世の中に住んでいるんだよということが
少しは信じられるから。


あまりに気に入ったので家に帰ってチェックしたら、本公開は昨年だったようで
既に円盤が発売されているではないの!
早速ポチりました。

なんて気持ちのいい映画だったことか。


そんな素晴らしい作品をかけてくれた川越スカラ座さんのロビーは今こんな感じ。

a0105480_19531600.jpg




a0105480_19575460.jpg


a0105480_19522785.jpg


こちらナツカシ映画のポスターがてんこ盛りです。
わんわん忠臣蔵だよ・・・!!


そしてお花見にもちょこっと参加。
八分咲きといったところだろうか。でもお花見客はいっぱい。
〈○時から使うのでそれまではお使い下さい〉と書かれた紙がブルーシートの上に置いてあった。
つまりは場所取りなのだと思うけど、そんなのってありなの?
そういうのを興醒めという。

a0105480_19544374.jpg





枝垂れ桜が1本だけ、小さな球場の壁際にあるのだが、この木の枝垂れっぷりがとても美しい。
これぞ水流れ。

a0105480_19553183.jpg

いよいよ春本番。

by quilitan | 2017-04-05 21:01 | 見る | Trackback | Comments(2)

This is KYOSAI !!

冬に逆戻りの雨の中、行ってきました『暁斎』展!

a0105480_19503118.jpg


7歳で国芳に入門とか、放蕩三昧の暮らしの贖いに絵を描きまくって金に換えていたとか
毎日絵日記を付けていたとか・・・
もうどれだけ絵が好きで、絵が描けるんだよ!!
その画力、一体何なのよ==!



そしてここでもやはり漫画技法の原形があちこちに見えて、
日本が漫画大国になるのも当然だとあらためて思いました。



by quilitan | 2017-03-21 20:05 | 見る | Trackback | Comments(2)

再び猫まみれ

ご近所なので、また「猫まみれ展」に行ってきた。

a0105480_23285350.jpg


猫は何回見ても飽きません。
そして藤田嗣治の「若い猫」という絵にうっとり・・・
今日は常設展示の方でも二幅ほど猫の絵の掛け軸があったけど前回はなかったと思うなあ。
ちょこちょこ展示替えしているのかしら。

お昼は、今後の参考にまだ入ったことのないうどんのお店。
まずは本来の味が分かるようなものを食べりゃいいのに、頼んのは呉汁うどん。
ボリュームたっぷりでした。
美味しかったけど、これじゃうどんの本来の味は分からないよね〜・・・

a0105480_23300731.jpg


狭い路地の風景はなにげに面白い。
a0105480_23294234.jpg

今日は天気は良かったけれど、ぶらぶら散策するには風が強すぎた。
そしてこの時期、年明けの慌ただしさもひと息で連休するお店が多いんですよね。
そんなわけで軽〜くひとまわりして、図書館でちょっと暇つぶしして家路につきました。


川越でも河津桜が咲いてます。

a0105480_23311454.jpg

by quilitan | 2017-02-21 23:46 | 見る | Trackback | Comments(0)

セトウツミ

@スカラ座

菅田将暉と池松壮亮演じる男子高校生が、川べりの石段でぬるいかけ合い漫才のように
喋っているだけの映画。
かけ合いだけでエピソードが展開するので
これを映画にしようと思いついたことに驚くくらいだが
中途半端にやんちゃくさくて頭悪そうで子供っぽい方に菅田将暉、
頭が良くて暗くて面倒くさそうな方に池松壮亮、
これはこの2人をキャスティングした時点でもう完成したも同じ。

2人とも毒されていない感じが良く出ていて、幸せな空間を感じさせてもらいました。

この2人を特別好きでなくとも、嫌いでないなら見て損はない。

by quilitan | 2017-02-13 16:57 | 見る | Trackback | Comments(0)

もう何度目かしれない「傷だらけの天使」の再放送がBSで始まった。
しかもこれが毎日なのだ。
これまでの再放送も見ているのだが、曲者揃いの監督の作風を日替わりで見られるのが面白くて
あらためて見入ってしまっている。

1話目はあいにく見逃してしまったのだが(確か深作欣二)、2話目の恩地日出夫、3話目の深作、
4話目神代辰巳まで来て、最近とんとお目にかかれなくなったざらついた感触を楽しんでいる。
共通するのは自分の美学のゴリ押しといったところか。
70年代はまだ戦争の傷も乾ききらず、街も汚れていたし、人も暮らしも生臭さがあった。
だからこそちょっと浮世離れしたものがものすごく新鮮で耀いて見えた。
最後は腐っていくであろう有機物と、無機物との絡み合いがこのドラマだったのかな、と思う。

神代辰巳の回は特に、ちょっとホドロフスキーを思い出したりして
私が山田太一や倉本聰のドラマにあまり興味が持てないのもこういうことかと自分で納得。
緻密な構成でこういう緊張感を作り出してみせるドラマはすごいと思うけど
多分自分の頭の中が大雑把なので、“見せて”くれる方が性に合うということなのだ。
2話目で緑魔子演じる女が土手道の草むらをひたすらよろよろ走り続けて逃げるのを
ショーケンが車でぴったりくっついて寄せていくシーンとか
4話目で池辺良分する怪しい中年男がショーケンに絡むシーンとか
優しさと怖さの境界線を行ったり来たりするのを見ると神経がひりひりする。
今でも充分お洒落じゃないかと思えるのは「昔は良かった」ではないと信じたいものです。



ちなみに今、「相棒」映画公開を控えてあちこちに出ている水谷豊。
それを見つつ「傷だらけの天使」を見るというのはちょっと衝撃ですね・・・


いずれにしてもしばらく楽しめそう。


by quilitan | 2017-02-13 00:05 | 見る | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30