小江戸弓始めその4

a0105480_17115441.jpg
a0105480_17152768.jpg
いや、マジで「射法八節図解」は伊達に道場に貼ってあるわけではないのであります。



by quilitan | 2017-03-25 17:17 | お絵描き | Trackback | Comments(0)

小江戸弓始めその3



a0105480_22131226.jpg
a0105480_22142875.jpg





弓道が少年漫画の題材にならないのは努力や根性が見えないからかもなあ・・・



by quilitan | 2016-11-17 22:08 | お絵描き | Trackback | Comments(0)

小江戸弓始めその2

a0105480_20525453.jpg
a0105480_20532589.jpg

こういう無欲な頃もあった・・・かな〜?



by quilitan | 2016-08-23 20:57 | お絵描き | Trackback | Comments(0)

怒られちゃうだろうか

先日地域の市町村親善射会があり、恒例として団体優勝チームが納射をすることになっているのだが
その時初めて「日置流印西派」という流派の形に則った演舞を見た。


武射系・礼射系の違いくらいしか知らない身としては、あそこまで違うものかと眼を瞠るばかり。
しかも形が一つ一つキリキリッと決まっているものだから、それはもうカッコイイのである。
武射形は基本的に〈中てなきゃ死ぬぞ〉という「戦闘仕様」なのでとにかく中るし
演武も弓術を以て殿様のお役に立つ武士の「我こそはここにあり!」という気概に満ちあふれているもの。
それを披露した女性がこれまたきっちり中てるもので、場内しーんと見惚れておりました。
大学の弓道部などではこの流派多いみたいですね。

ちょっと「日置流」で調べたら
〈段位に拘ることなく理念あっての流派〉であり、師と仰ぐ弓道家の理念を伝承していくことこそが
弓をやっていく主眼なのである・・・・・・・云々。
(ああ煩悩まみれの射をしてスイマセン)

確かに審査を受けるにはこのままの形では上には行けないだろうな、と思わせるものだけど
それでも敢えて段位を取得したければ“それに見合った”射をするだけのことなんだろうな、と。
場に応じた射も出来る実力者がいっぱいいるのだろう。
審査に受かるべき射法が全てで他流は除外、というのは釈然としない部分もあるけど
競技である以上、一定のルール作りが必要なのはどこでもあることだしね。
トップに座る人次第だろうけど、〈理念〉を重んじる人は多分そういうところにはいかない。



・・・が。
そこまで突き詰めて弓をやる心がけに達していない未熟者のわたくし、
更にこんなくだらないものまで・・・


a0105480_18405046.jpg

a0105480_955533.jpg


a0105480_10545440.jpg





でも別におちゃらけているわけではなく

『正射必中』を肝に銘じて稽古に励んでおります。
by quilitan | 2016-06-15 10:55 | お絵描き | Trackback | Comments(0)

親バカ


a0105480_11173810.jpg


a0105480_1118378.jpg


a0105480_11184470.jpg


a0105480_11185412.jpg




a0105480_111959.jpg

by quilitan | 2015-08-24 11:20 | お絵描き | Trackback | Comments(2)

飛び猫

a0105480_2236296.jpg

a0105480_2236983.jpg

a0105480_22361314.jpg


a0105480_22363149.jpg

a0105480_22363787.jpg

a0105480_22364272.jpg

a0105480_22364184.jpg


a0105480_22364654.jpg

by quilitan | 2013-02-27 22:41 | お絵描き | Trackback | Comments(6)

お利口リッちゃん

a0105480_182547.jpg
a0105480_1824824.jpg
a0105480_1824191.jpg
a0105480_1823743.jpg
a0105480_1822996.jpg



a0105480_18222100.jpg
a0105480_1821612.jpg
a0105480_182916.jpg



こんなお利口さんであったが
ここしばらく朝のウェットご飯の後に吐くことが続いたので
1日3回の嬉しいご飯は
あっけなく昼と夜の2回に減らされたのでありましたた。

・・・・でもあまり気にしてない様子。
諦めがいいっていうんでしょーか・・・?
by quilitan | 2011-06-06 18:11 | お絵描き | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30