カテゴリ:ぶつぶつまめつぶ( 62 )

またカンフル剤なの

カジノなんて究極の箱モノを作る方向に強引に進んでおりますが
今の日本人には、弾けてバカ遊びして後は日常に戻る、ということができないと思います。
かつてはお大尽もいて遊び方も知っていたしそういう文化もあったと思うけど
(もっともバブルの時は俄にそれができていた・・・あ、政治家の頭はバブルのままか!!)
現在の国民性がそれを活用できるかどうかよーく考えてほしいなあ。

いやいや一般対象ではなくお金持ちの日本人、外国人様がお遊びになる場を提供致しますのです、
ということで君らには関係ないから、ということかもしれないですが
それはそれであまり嬉しくないのはわたくしの僻み根性でしょうか?

でも。
二階さんがインタビューで内閣不信任案について問われ
「出せばいい、でも数見れば結果はわかるでしょ」といった言葉が偉そうに吐かれた時
これ、憲法云々の時ほど派手でもないしあちらも簡単に考えていることかもしれないけれど
もしかして地味に効いてくるボディブローのようになるのではと(期待をこめて)チラッと思った。

憲法はこっちも不勉強だし、脊髄反射といわれるのは不本意なテーマではあったけれど
カジノはね、脊髄反射で良いと思うのね。

もういい加減「疲れたら強壮剤で身体を起こして前へ突き進む」じゃないと悟ってほしいなあ。
〈日頃の生活態度を見直して生活習慣病をなくそう〉というのは
何も個人の健康のことばかりではないと思うんですがねえ。

国も特定健診した方がいいんじゃない?



by quilitan | 2016-12-13 09:09 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback

おしえて!J八先生

固定電話に不定期に、気にかかるくらいの頻度で掛かってくるワンコール。
それも時間にまったくお構いなしに。

最初はイタ電(もしかしてこれって死語??)かと思ったんだけど
出る間もなく必ず1回きりのコールなので、そんなのイタズラにもならないだろう。
それに家の電話は以前はしっかり電話帳に載せていたが、私個人の番号は非公開。
そしたら寒梅さんも同じようにワン切りコールで不快な思いをしているというではないの。
どちらも同じケーブルテレビ会社の回線を使っているのだが
コビトさんが電話のケーブルで遊んでるとでもいうのだろうか??

というのは冗談としても。

電話会社の問い合わせてみようかとも思ったのだが
なまじ1回で切れるからすぐに他のことに紛れてしまって忘れちゃうんだな。
そしてまた時間をおいてコール。

一度検索してみたら、
「その番号が生きているかどうかの確認で自動的に掛けているので電話会社に言っても無駄」
といったようなことが書いてあった。

それが本当かどうかは知る由もないが、もしそうなら大迷惑な話。

たとえ1回の呼び出し音でも電話が鳴ればとっさに出ようとする。
まして、真夜中や早朝という『非常識極まりない』時間帯であればすわ緊急事態かと
布団からがばっと起き上がり、ヘタすれば転んだり、階段から転げ落ちることだって
ないとはいえないし、心臓にも宜しくない。
もしそんなことで、意味のない1コールでこちらの身に何かあったら
誰が責任取ってくれるんでしょうね。

それともそれがイヤなら固定電話なんか外しちゃえってこと?

やっぱり電話会社に電話ですかね〜。
あれもこれも便利なツールに溢れたこの世の中で解決策はいつまで経ってもアナログのままだな。



by quilitan | 2016-12-10 00:05 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(0)

ある会の中で、かなり権威のある人がその立場にあるまじき行動をしたことが露呈した。
あまりにみっともないその事実に対して、運営側は重い処分を課す決定をした。

もちろん「会」としての処分にするには、そこに所属している人たちに説明して
その決定を承認してもらわなくてはならない。
私は単純に、誰が聞いたって承認されるに決まってるじゃない、と思っていたのだが
それがなかなかどうして一筋縄ではいかない様相を呈しているらしいのである。

 あんなに立派な人が問題を起こすなんて信じられない
 そんな処分を下すなんてひどい
 みんなでよってたかって追い詰めて可哀想

そうのたまう人が少なからずいるのだそうだ。

・・・とくに女性が、だそうで・・・

その事実が看過できない類のものであるということに対しての処分なのに
「ひどい」だの「あのひとに限って」などという感情で否定されたら話にならない。

そもそも、事実に対しての判断に「信じられない」という言葉が出ることがおかしい。
信じるか信じないか、などというものは判断の基準にはならないということに気付かないのか。
さらにいえば「立派な人なんだからその処分は重すぎる」というのもおかしい。
たとえば同じ問題を起こしたひとが立派でもなく権威も何もないただのぺーぺーだったら?
そういう人だったら重い処分でもいいということになるのか?
むしろ、権威があるならそれだけ責任も重くなるのが常識だろう。
そんなに信じられないなら自分で確かめて、やっぱりこの人が正しい!と思ったら自分で闘えばいい。
与えられた情報と自分の感覚だけで「判断」してしまう危うさよ・・・

      「これだから女は・・・」

同性ながら思わずそう口走りそうになる。

女性自らがそう言われかねない状況を作り出しているのかと思うとむずむずする。







by quilitan | 2016-10-17 20:13 | ぶつぶつまめつぶ

わが家で引いているケーブルTVの会社が大手と合体したので
いろいろシステム的に変更があるとかで、まずはそこでのメールアドレス変更(もちろん自分でやる)。
さらに契約内容も変わるし機械も新しく・・・
ということで今回は新しい契約とモデムとセットアップボックスの交換の話で担当者が来た。

本当はこの機会にもっとお安いコースにしたかったのだ。
でも、それだとほんっとにCSのチャンネルが少ないの。
見られる番組が少ないだけならいいの。私は大してテレビっ子でもないしね。
でも、姑息なことに番組がジャンル分けされていて
少しずつどれも、というのはちゃーんと出来ないようになっているのだね。
「映画コース」「ドラマコース」「アニメ・音楽コース」のどれかしか選べないって何だよそれ。
『プラスこちらも見られまーす』と謳うのは、うんざりする通販チャンネルとかそんなのばっかり。

ひととおりの番組が見たいとなると、それはもうお得でも何でもなくなって
「さらに視聴チャンネルが増えて楽しさ倍増!」とかでしっかりお値段アップ。
・・・いらんがな!!
私ひとりなら「アニメ・音楽コース」でもまあいいんですよ。
映画なども本当に欲しければ円盤買うしね。
ただ母の娯楽としてもまだ必要なこともあると思うとそれは無理だよね・・・
結局は『チャンネル増えたよ♪』の、今よりほんの少しお高くなる契約となってしまった。
たかが数百円、されど、です。
何だかまんまとしてやられた感があって悔しいなあ。
いっそCSなくして(さもなくば1チャンネルのみとか)もっとうんと安いコースも作ってくれれば逆に迷わなくてスッキリする。
しかも、その変更手数料が3000円かかるというじゃありませんか。

思わず「こっちでお願いして変えるわけでもないのに手数料取るんですねえぇ」

向こうは苦笑いだけど、でも事実なんだからそのぐらい言うよ。





いずれにしても趣味のもので溢れかえっているワタクシの部屋が他人の目に晒されるのか・・・
まず片付けなきゃいけないじゃないか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・憂鬱・・・



by quilitan | 2016-09-01 16:44 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(2)

我が身かわいや

給与返上も

別荘売却も

疑惑の詳細を明らかにすることも

「続ける」ことが大前提だったので

辞めるとなったらそれは当然反古になる。
だって辞めるんだもんねー、もう知ったこっちゃないもんね===!!!
貰うもん貰って何が悪いのよ、ってことです。



ソーリも辞めていくトチジもやたら「世界に通用する国!」とか「世界一の!」と鼻息荒いが
こんな性根で世界に出て行ったら恥をまき散らすだけなのに、と哀しいやら情けないやら。



今読んでいる「平将門」の、1000年以上昔の平安朝の腐れ貴族とそれに群がる面々のありようが
この21世紀とあまりに被りすぎて驚くくらいである。
by quilitan | 2016-06-17 09:05 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(0)

流行語大賞狙い?

一年をまだ半分残したところでヒット作が続けて出ている模様。


『新しい判断』

『違法ではないが不適切』


なかなか使う機会がないのが残念だなあ。

次は何が出るかしらワクワク。
by quilitan | 2016-06-06 18:24 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(0)

想像力のなさよ

川越市には盲学校がある。
なので白杖を持った方々を見かける頻度もぐんと高い。


仕事の帰り、歩道にあるバス停に並んだ。
そのバス停からは2方向に向かうバスが出るのでA行きの列とB行きの列は白線で区切られ
さらに白線に沿うように点字ブロックが敷かれている。

私の前に3,4人、後ろに2人ほど、年配の人から若い人までいたのだが
何となく前後で列が歪んで違和感がある。
白線内は1列で並ぶ幅しかないので普通なら膨らむはずはないのだ。

なぜか、みなさん揃いも揃って 点字ブロックの上に立っていたのである。

点字ブロックは黄色くて立体的なので存在が強調されていて、確かに見える人からしたら
〈並ぶ目印〉になりやすいかもしれない。
でもそこに立つということは、白杖を持った人をそこで通せんぼするということになるんだよね。
もちろんその場にそういう人がいればどいたのかもしれないけれど
どく、どかない以前に基本的にそこは立ち止まっていい場所ではないのだ。

  何でわざわざブロックの上に立つかな!!

足の下にブロックのでこぼこを感じて何も思わないのだろうか。
それに私の所だけ列が内側に引っ込んでいるのは分かっているはず。

まあ・・・そこで何も言えない私もだらしがないんだけど・・・


色々な意味で心が晴れないことであります。
by quilitan | 2015-10-18 00:46 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(0)

素朴な疑問

一億総活躍相って何する人?

それって何する役所??

活躍できない人はどーするの???


一億総火の玉・・・・・・・?????



日本語として口にするのがすごく恥ずかしいんだけど。
by quilitan | 2015-10-07 07:33 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback | Comments(0)

愚民の代表

最近、この国のさまざまな事を決める立派な肩書きの方たちの話しぶりを聞くと
「下々の者に申す」感じがどうにも拭えない。
言葉だけはものすごく、むしろしつこいくらいにへりくだっているのだが
「慇懃無礼」ってこういうことかなあ、と性根の曲がった自分は思うのだ。

たいせつなことを決めたり選んだりする以上、その理由や根拠をきちんと説明するのを億劫がって貰っては困る。
説明してもどうせ皆さんには分からないのだから“わかっている”我々にお任せ下さいといわれましてもね。


もしも、私たちが、何度説明されてもさっぱり理解できないくらい頭が悪くて
うるさく重箱の隅を突くだけが目的だったり、ただごねたいだけの愚痴り屋で
そして日本がそんな愚か者ばっかりの国だとしたら
そんな人々に選ばれた政治家さんたちというのは
もしかしたらその頂点に君臨されているということになるのかしら。



なるほど、不祥事の顛末を「国民に説明します」会見で、机に肘を突いて話す方がいるのも納得。
by quilitan | 2015-09-01 23:50 | ぶつぶつまめつぶ | Trackback

日本の隅っこで穴に叫ぶ

計画が白紙撤回されたとたんに
常に安定の“酔っぱらった上司”レベルの言語表現を披露してくれる老人にさっそく
「生牡蠣がどろりとしたような」と揶揄されたザハ・ハディド氏のデザインしたスタジアム。

デザイン自体は良いんでしょう。好みではないけれど。
おそらく選んだ“方々”も、あの未来志向を思わせる流線型に
わが美しい国のさらなる進歩を重ね合わせ
希望を具現化したものに見えたのだろうね。
たとえお手盛りシャンシャンで予算が倍に膨れ上がろうとも
「こういう時にケチケチすんねい!」と一緒に踊ることを疑いもしなかったのだろうねえ。
何と言ってもオリンピックという世紀の祭典なのだから、
このニッポンという国の存在をもう一度世界にアッピーーールする機会なのだから、
きっと国民は大喜びするだろう、と。


でも、景気のいい話はオトモダチの周りだけで
肝心の踊る阿呆共がついてこないことにこんなギリギリの際まで気付かずにいて
どっちが阿呆なんだかという話にまで転がり落ちる羽目になってしまったのね。

そもそもアピール力を競うのもおかしいし、今さらどでかいハコモノに
一般人は嫌悪こそ感じれ、ありがたがる時代ではもうないことを知っているのだ。
それに招致の際のコンセプトが「無駄に金をかけずにコンパクト」だったことも
忘れていません。
それをいつの間にやら解釈変えて、すごいもの作るんだからいいじゃないかと言われても。
言われても!!


想定外の下々の反撃に慌てふためいて、白紙撤回したはいいけれど
結局誰も責任を取らないという生牡蠣大あたり以上の腐りっぷり、見事である。



そういえば、某総理大臣てこのスタジアムみたいだな。
デザイン先行、手順うやむや、やったもん勝ち、オレの後ろに付いてこい!みたいな。

しかもあの人の顔も・・・・・・・・・って、そこまで一緒じゃなくてもいいのに。
by quilitan | 2015-07-28 23:56 | ぶつぶつまめつぶ

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30