2017年 05月 08日 ( 1 )

魔の季節

5月。誕生月でもあり、新緑と初夏の花とたっぷりの日射し、と眼にも心にも嬉しい美しい季節。

しかし、何故か5月になると発生するわたくしの嬉しくないイベント・・・
それは“歯”。
しかも今回はちょっとイレギュラーで発生してしまった。


去年激痛に見舞われて抜歯して、その後に1本義歯を作り、まあまあ快適に使用していた。
でもやはり義歯は食後のお手入れが欠かせない。
職場でも昼食後は洗面所でゴシゴシ。
洗ったらソレは小さな入れ物に入れて口を漱いで、という順序でやっていたのだが
最近入れ物に入れずに空いた手に持って他の動作をするようになっていた。
別にそれでも問題なかった・・・のに
魔が差すって言うんでしょうねえ、ぽろんと滑り落ちて排水口にころりん。

ふつうの洗面台の排水口はちゃんと落下止めの細工がしてあるのに
そこは建物が古いせいか、大人数で使う場所柄排水をよくするためになのか
ものが落ちるスペースがあったんだよ。
落ちた!と思った時は姿が見えていたので、引っかけて取ろうとしたら
豈図らんや、そのまま落下してしまったのであった・・・・・

脳裏には昔話の「おむすびころりん」が浮かんだね。
ああこうやって転がっていったんだなあ・・・と。


というわけで、折しも義歯作製からちょうど1年、再び歯科医へGO。
もう一度義歯、もありだが、やはり引っかける部分とか使い勝手の面で
ちょっと迷っていたところに、ブリッジの橋脚部分も全面に冠を被せるのではなく
半分くらいにできるというのでこの際ブリッジに切り替えです。

今回は歯の痛みはありません。
その代わり懐がとっても痛くなる羽目になってしまいましたとさ・・・
どっとはらい。


by quilitan | 2017-05-08 11:42 | 雑録 | Trackback | Comments(0)

猫と雑文ときどきお絵描き  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31