紅白歌合戦も除夜の鐘も見ず聞かずのうちに年が明けました。



バイトが終わる時間帯がちょうど日の出頃だったので
初日を拝みながら帰れるかしらと思ったけれど、残念ながらお日様の方が一足早かったようで。
強烈な朝の陽射しを浴びながら、一際大きく見える富士山を遠くに眺めて
のんびり自転車を漕いで帰ります。

a0105480_1544923.jpg


日が昇ってしまうとあっという間に薔薇の山巓は消えてしまうんだなあ。残念。

それにしても「元旦」の空気ってどうしてこうも違うんでしょうね。
ちゃんと「特別の日」を感じさせてくれます。


そして家についたら頂き物のおせちをば!!

a0105480_15442662.jpg


少人数向けのデパおせち、少なそうに見えるけど、いやこれでなかなか。
一つ一つ味がしっかりしていて、それでいて濃すぎず薄すぎずゆっくり味を堪能できる優れもの。
お雑煮をお汁代わりに元旦からウマウマ。
そうだお屠蘇がないではないか、と昨年仕込んだ柚子酒をちょっと試してみれば
これがけっこういい感じで柚子酒になっており(寒梅さん、甘いけどイケますよ!)
美味しくお腹いっぱいになって・・・・寝ました。


今日は11時から射初めの会があって、バイトが休みならそのまま起きていて参加したかったけど
さすがに夕方1,2時間の睡眠じゃ朝まで身体が保たないお年頃、
迷ったけど止めました。


バタバタしながらも、意外と元日らしい一日でした。
でもあっという間にもう日暮れ、おせちの残りをつまんで今夜も頑張ろう。


それではみなさま、本年もよろしくお願い致します。
by quilitan | 2016-01-01 16:12 | 雑録 | Trackback | Comments(2)

猫と雑文ときどきお絵描き