秋の夜長の・・・

わたくしもたいがい夜更かしですが、それにしてもアニメの時間、遅くないか〜?
1時くらいまでなら何とか待つけど、それ以降になるとさすがに持て余しちゃうんですよね・・・

などと文句言いつつもとりあえずチェックしたのは
「終末のイゼッタ」と「ユーリon Ice」

「終末の・・・」はいちおう戦争物だからか、今どきの甲高い雄叫び女子が出なさそうだったので。
主役が魔女というところが微妙ではあるのだが、まあまあ硬派路線でいいかもと思っていたのだが
逆に戦争絡みで中途半端な硬派路線は続かないのかもしれない、と回を重ねるうちに思えてきた。
戦ものは、架空の国どうしといいつつもなぜかいつも
〈ドイツ軍を思わせる強国〉対〈弱小王国〉がパターン化していて
そうなると秀作目白押しの戦争映画などと比べてしまうのだ。
そういうのに負けないように・・・などというのは酷ですかね。
面白くなりそうな気配を感じるのでちょっともったいないんだよなあ。


「ユーリ」・・・フィギュアスケート好きだし、最初見た時スケーティングの動きが
ものすごく滑らかで美しくてまずそこに感動ですよ。
あそこまで動かせるってすごい!
そしてちゃんと “演技” なのだ。それが素晴らしい。
実際の映像と比べてもそんなに遜色ないと思わせるほど。
よく見ればスケート関連のスタッフには錚々たる名前が並んでいて、さもありなんと思いました。
夜中過ぎて起きていられない時は録画して、毎回毎回スケーティングの動きに圧倒されるんだけど
・・・どうしよう、心に入ってこないんだよ・・・
一応“勝負事”なのだから、努力、挫折、友情、ライバル、結果、といった
お約束の要素はたっぷり入っている。
ドラマとしても面白くないわけないんだけど、何でだろうなあ。
ウケ狙いのサービス部分が多すぎるのかなあ、メインの勝負事がお座なりな感じがしている。

フィギュアにはかなり入れ込むタイプのファンが多いけれど
このアニメも別の意味で入れ込むタイプをド直球で狙ってきていて
おそ松さん人気と似たような何かを感じますね。
きっと薄い本がたくさん出来るだろう。
それはそれでいいんだけど、それだけじゃ私は見続けてはいけない。

何だかどちらもちょっと残念・・・その“ちょっと”の壁は大きいんだなと
しみじみ思うのでありました。




トラックバックURL : http://kiliku.exblog.jp/tb/23319579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あれはねえ・・ at 2016-10-28 10:56 x
ユーリ!はまさかの九州(田舎)ご当地もの。
演技の後ろの超ローカル看板(実名)が
ほほえましいやら、聖地巡礼を狙っとんのか臭が
見え見えすぎんのよね〜、町おこしか!!
しかし10代のBL好き学生さんたちには
すでに神アニメとされておりましてね、まあ現地だからね。

動きの美しさだけなら「ハイキュー!」のOPの方が
はるかに凌駕していると思います!
何度見ても動きに発見があるのはすごい。

Commented by quilitan at 2016-10-28 16:17
「ハイキュー!」見ていないので今度比べてみます!
まんまと狙いにはまるのがちょっと癪な天の邪鬼なので
それでもいい!カッコいい!というレベルまで行ってくれないと。

止め絵ですが「ジョーカーゲーム」のエンディングは格好良かった。
by quilitan | 2016-10-27 18:27 | Trackback | Comments(2)

猫と雑文ときどきお絵描き  


by quilitan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30